アクセスカウンタ
プロフィール
グリーンの会
グリーンの会
平成24年、つくば都市交通センターが主導する形で、コミュニティーサークルの研究学園グリーンネックレスが立ち上がり、タウンの会(平成28年からアートの会が独立)、カルチャーの会、グリーンの会が発足しました。

私たちグリーンの会は、現在会員が10~70代の19名。定年後第二2の人生を謳歌しているご夫婦、お母さんと小学生の親子、OL等とバラエティに富んでおり、花植え後のお茶や一杯等、こちらも花が咲いています。興味をお持ちの方はぜひ私たちと一緒に活動しませんか!?

フェイスブック https://m.facebook.com/kenkyugakuen
メールアドレス kenkyugakuen.green@gmail.com

<主な活動>

・駅周辺の花壇づくり(ホテルベストランド前花壇、ホテル東横イン花壇等)
・花とみどりで彩る“まちなみ”づくりセミナー開催
・研究学園イルミネーションへの参加(ハンギングバスケット、寄せ植え設置)
・グリーンネックレス・タウンの会、アートの会、カルチャーの会への支援(トワイライト音楽祭等)
・野菜作り(ジャガイモやサツマイモ等)、今後、果樹作り(ブルーベリー)にも挑戦する予定です。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
QRコード
QRCODE
最近のコメント

TX開通後の研究学園の移り変わりの写真満載 !! 「グリーンの会インスタグラム」 Instagram>>>グリーンの会インスタグラム

にほんブログ村「つくば情報ブログランキング」>>>つくば情報ブログランキング

人気ブログランキング「つくば市ブログランキング」>>>つくば市ブログランキング

2017年05月01日

新都市中央通りの開通は平成32年9月までかかるのか??

3/13のブログで、研究学園の西側で、茨城県が進めている万博記念公園駅方面へ
と延びる新都市中央通り線の工事状況を取り上げましたが・・・

前回見に行ってから、50日程が経ったので、もう少し良く見て回ろうと思い立ち、
4/30に行ってみることにしました!

ちなみに新都市中央通りは、研究学園側の面野井台交差点から、万博記念公園駅側
の新豊年橋西交差点の間、約700mが開通していません。

見て回ったところは・・・
添付の地図の、①~④の場所です!

 ①は研究学園から新都市中央通りを西へ行きイエローハットの先の突き当り
    面野井台交差点です。

    ⇒ 道路が形作られ、後は舗装し道路標識等を設置する程度です。
       他の区間に合わせ、残りの工事を行うものと思われます。

 ②は面野井台交差点から直線で250m程、万博記念公園駅側に行ったところの、
    面野井集落の細い道沿いです。
  
    ⇒ TXとエキスポ通り(土浦学園線の延長)が交わる信号から北へ少し行った
       ところです。
       この道の右側が①から延びる道路工事の末端です。左側はまだ用地を
       取得できていないのか、少し先が荒地のままになっています。

 ③は②から直線で150m程、万博記念公園駅に行ったところ、新豊年橋西交差点
    から200m程の所です。
 
    ⇒ ②から谷田川方面へ下った場所ですが、「側道を整備しています」の看板
       があり、工事期間は平成29年5月26日となっていました。
       ところが、その横にあった小さな張り紙「建設業の許可証」には、
       許可年月日が平成32年9月13日となっていました。
       まさか、開通まで後3年4ヶ月もかかるってことでしょうか・・・???      

 ④はエキスポ通り(土浦学園線の延長)新豊年橋西交差点です。

    ⇒ 谷田川にかかる橋の工事は、3月に見た時から全く進展していませんでした。

結局、②と③の間が用地買収できていない等により着工できないため、①および④
の工事が引きずられ、途中でストップしているものと思われます。

開通は・・・
平成32年9月までかかってしまうのでしょうか・・・

★新都市中央通りの工事状況⇒2017年3月13日のブログ
★新しいブログへ引っ越し最中です。こちらもご覧ください!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■撮影場所


■<①>面野井台交差点の先の新都市中央通り線の状況(2017年4月30日撮影)



■<②>面野井台交差点から直線で250m程、万博記念公園駅側へ行ったところ(2017年4月30日撮影)


■<②>面野井台交差点方面<①>を見てみた。(2017年4月30日撮影)


■<②>新豊年橋西交差点方面<③④>を見てみた。(2017年4月30日撮影)


■<③>②から直線で150m程の所に看板があった。




■<④>新豊年橋西交差点の先の新都市中央通り線の状況(2017年4月30日撮影)


同じカテゴリー(地域情報)の記事
この記事へのコメント
懐疑的な人さん コメントありがとうございます。

そうなんですね!3年でも長いな~って思っていたのですが・・・
それ以上に延びる可能性があるんですね!

最終的に、この道は、中根金田台から研究学園、万博記念公園、みどりのまで続くつくばの大動脈の位置づけだと思うのですが・・・
Posted by グリーンの会グリーンの会 at 2017年05月15日 20:56
削除の理由がわかりませんが、それは特に気にはしません。
ただ、32年9月までかかるなんてというニュアンスがとても信じられないからです。
あの路線はTX開通前から計画されていました。で、これまで土地収用がほとんど進められてこなかった。そのことを考えると
あと3年で貫通するとはとても思えないからです。それを加速させる理由があるとしたら周辺道路のトラブル多発しかないと思います。なにもなかったら次の市長選の直前まで
開通時期は確定しないのではないかと思っています。
Posted by 懐疑的な人 at 2017年05月14日 12:15
懐疑的な人さん コメントありがとうございます。

工事が始まれば、案外早く開通するかもしれませんね。
さて、どうなるでしょうか??

一部不適切な表現がありますので、削除させていただきました。ご了承ください。
Posted by グリーンの会グリーンの会 at 2017年05月04日 08:34
不確かな情報さん
Science_Cityさん コメントありがとうございます。

調査を怠ってしまいました。
今後は気を付けたいと思います。

Science_Cityさんのアドバイスにあった「労災保険関係成立票」ですが、
この現場にあったものは、事業の期間が平成29年5月26日と記載されており、道路改良工事の看板と同じ日付でした。
Posted by グリーンの会グリーンの会 at 2017年05月01日 20:34
こんにちは!

「建設業の許可」に書かれている年月日は、国土交通大臣または都道府県知事に建設業としての許可が出た年月日のはずです。
(この記事の看板では、なぜか許可の日ではなく建設業としての許可の有効期間の満了の日になっているようですが。)

ちなみに、「不確かな情報」さんは、「国交省の地方整備局に届け出」と書かれていますがこれは不正確で、「二以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業をしようとする場合」が国土交通大臣に、「一の都道府県の区域内にのみ営業所を設けて営業をしようとする場合」は、当該営業所の所在地を管轄する都道府県知事に許可を受けることになります。

工事の期間を推測するには、「建設業の許可票」ではなく、「労災保険関係成立票」が役に立ちます。
「労災保険関係成立票」の看板に、事業の期間を明示することになっています。
(ただし、その工事について作業員が作業する期間で工期とは限りません)
Posted by Science_CityScience_City at 2017年05月01日 09:10
建設業の許可は、建設会社がちゃんと許可を受けた会社であることの証明で、会社として建設業法に則って工事を実施できる体制をとっていることを国交省の地方整備局に届け出するものです。なので、工事の計画とは無関係です。

工事の話題を書くならば、せめて、「建設業の許可」とキーワード検索などをして、きちんと意味をおさえてから記事を書かれてはどうでしょうか。たまに不確かな情報を載せていらっしゃるのが目についてしまいます。

研究学園にはいくつかのblogが存在し、住民の方もチラチラ見ている人は多いです。不確かな情報を伝聞することもままあります。世の中
「伝言ゲーム」のような情報流通は多いですが、変な噂話や不確かな情報は、あまりない方がいいです。

なるべくウラを取った情報や、エビデンスがあるものがいいですけれど、最低限調べられることは怠らない方がいいと思います。
見出しや表題に不正確な情報がドーンとのっているのが、良くないと思い、ちゃんとお伝えしておこうと思いました。
Posted by 不確かな情報 at 2017年05月01日 08:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。