アクセスカウンタ
プロフィール
グリーンの会
グリーンの会
平成24年、つくば都市交通センターが主導する形で、コミュニティーサークルの研究学園グリーンネックレスが立ち上がり、タウンの会(平成28年からアートの会が独立)、カルチャーの会、グリーンの会が発足しました。

私たちグリーンの会は、現在会員が10~70代の19名。定年後第二2の人生を謳歌しているご夫婦、お母さんと小学生の親子、OL等とバラエティに富んでおり、花植え後のお茶や一杯等、こちらも花が咲いています。興味をお持ちの方はぜひ私たちと一緒に活動しませんか!?

フェイスブック https://m.facebook.com/kenkyugakuen
メールアドレス kenkyugakuen.green@gmail.com

<主な活動>

・駅周辺の花壇づくり(ホテルベストランド前花壇、ホテル東横イン花壇等)
・花とみどりで彩る“まちなみ”づくりセミナー開催
・研究学園イルミネーションへの参加(ハンギングバスケット、寄せ植え設置)
・グリーンネックレス・タウンの会、アートの会、カルチャーの会への支援(トワイライト音楽祭等)
・野菜作り(ジャガイモやサツマイモ等)、今後、果樹作り(ブルーベリー)にも挑戦する予定です。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
QRコード
QRCODE
最近のコメント

TX開通後の研究学園の移り変わりの写真満載 !! 「グリーンの会インスタグラム」 Instagram>>>グリーンの会インスタグラム

にほんブログ村「つくば情報ブログランキング」>>>つくば情報ブログランキング

人気ブログランキング「つくば市ブログランキング」>>>つくば市ブログランキング

2016年01月26日

「つくばシティア・トアビル」研究学園を象徴する景色が見れる!

「お店建設ラッシュシリーズ」でも取り上げている、研究学園南口の曲がり角を曲がって
まっすぐいった突き当りに建設中のテナントビル「つくばシティア・トアビル」ですが、
前面がミラーガラスになっているため、研究学園らしい景色、研究学園を象徴する景色
が映し出されています。

1枚目の写真をご覧ください!

安藤ハザマの研修宿泊施設を建設するための実物のクレーン、
そして「つくばシティア・トアビル」の斜め前のマンション
「レーベン研究学園Verpledgeo(ヴェルプレジオ)」を建設するためのクレーンがミラーガラスに映し
出されています。
さらに、ミラーガラスにはパークハウスをはじめとした高層マンション群。
今しか見ることができない貴重な写真が撮れました!

建設状況といえば・・・ 
工事現場を見にいった1/25には、入口脇に大きな看板が取り付けられ、
ロードローラーで駐車場の地固めをするなど、外構工事が急ピッチで行われていました。
来月(2016年2月)の完成を目指し順調に進んでいると思われます!

★お店建設ラッシュシリーズ(第9弾)⇒2016年1月10日のブログ
★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のフェイスブック
★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のホームページ

■実物とミラーガラスに映し出されたクローラクレーンが並んで見える!(2016年1月25日撮影)
「つくばシティア・トアビル」研究学園を象徴する景色が見れる!

■外構工事が急ピッチで行われている!(2016年1月25日撮影)
「つくばシティア・トアビル」研究学園を象徴する景色が見れる!
「つくばシティア・トアビル」研究学園を象徴する景色が見れる!

■入口に看板が立てられた!(2016年1月25日撮影)
「つくばシティア・トアビル」研究学園を象徴する景色が見れる!

■「つくばシティア・トアビル」の場所

地図はこちら


同じカテゴリー(地域情報)の記事
この記事へのコメント
Science_Cityさん コメントありがとうございます。

フルーヴプロジェクトのビルは洗練され美しいデザインですね!
ただ、形がシティア・モアビルと似ていますので、会社の事務所とか、歯医者さん、学習塾とかになるのでしょうか・・・??
個人的には、公園が近いので、一休みできるおしゃれな喫茶店なんかができればよいと思っているのですが・・・
Posted by グリーンの会グリーンの会 at 2016年01月26日 22:01
こんにちは!

建物は出来上がりましたね!
ただの真四角のビルではなく、なかなか近未来的です。

どんなテナントが入るのか楽しみですね!
Posted by Science_CityScience_City at 2016年01月26日 19:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。