アクセスカウンタ
プロフィール
グリーンの会
グリーンの会
平成24年、つくば都市交通センターが主導する形で、コミュニティーサークルの研究学園グリーンネックレスが立ち上がり、タウンの会(平成28年からアートの会が独立)、カルチャーの会、グリーンの会が発足しました。

私たちグリーンの会は、現在会員が10~70代の19名。定年後第二2の人生を謳歌しているご夫婦、お母さんと小学生の親子、OL等とバラエティに富んでおり、花植え後のお茶や一杯等、こちらも花が咲いています。興味をお持ちの方はぜひ私たちと一緒に活動しませんか!?

フェイスブック https://m.facebook.com/kenkyugakuen
メールアドレス kenkyugakuen.green@gmail.com

<主な活動>

・駅周辺の花壇づくり(ホテルベストランド前花壇、ホテル東横イン花壇等)
・花とみどりで彩る“まちなみ”づくりセミナー開催
・研究学園イルミネーションへの参加(ハンギングバスケット、寄せ植え設置)
・グリーンネックレス・タウンの会、アートの会、カルチャーの会への支援(トワイライト音楽祭等)
・野菜作り(ジャガイモやサツマイモ等)、今後、果樹作り(ブルーベリー)にも挑戦する予定です。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
QRコード
QRCODE
最近のコメント

TX開通後の研究学園の移り変わりの写真満載 !! 「グリーンの会インスタグラム」 Instagram>>>グリーンの会インスタグラム

にほんブログ村「つくば情報ブログランキング」>>>つくば情報ブログランキング

人気ブログランキング「つくば市ブログランキング」>>>つくば市ブログランキング

2016年01月17日

TX沿線まちづくり「中根・金田台」の奈良・平安時代の遺跡発掘調査

1/14のブログで、つくばエクスプレス沿線の新しいまちづくりとして、テクノパーク桜周辺
の「中根・金田台地区」の紹介をしました。

花室からテクノパークへ通じる道を走っていると、造成工事の中に看板を見つけたので、
車を停めて見てみました。

すると看板には埋蔵文化財発掘調査現場「九重東岡廃寺・金田西遺跡」と書いてありました。
空き地と思われたところを見てみると・・・
四角や丸のくぼみがあちこちにありました。

考古学については、全く知識がないので、少し調べてみると・・・

UR都市機構のホームページには・・・

 「他のTX沿線開発地区とは異なり、地区内で発見された古代の遺跡『金田官衙遺跡』 
  (こんだかんがいせき)が国史跡に指定されたことなどから、他のTX沿線開発地区から
  約3年遅れて、平成16年から事業がスタートしています。」
  ※官衙(かんが)とは、役所や官庁という意味があるようです。。。

そして、茨城県教育委員会のホームページ(一部抜粋)には・・・

 「つくば市金田・東岡地内に所在する金田官衙遺跡は、奈良・平安時代に営まれた
  古代常陸国河内郡の郡衙関連遺跡で、遺跡は次の3遺跡に細分される。
 
  1.正倉院(金田西坪B遺跡)

     幅約3m、深さ約1.3mの溝で区画された東西約110m,南北約310mの範囲に、
     礎石建物跡や総柱の掘立柱建物跡が確認されている。
     かつて周辺から、炭化米が出土したという記録がある。

  2.官衙地区(金田西遺跡)

     4群に分かれて品字状やL字状に配置された約100棟もの掘立柱建物跡や
     礎石建物跡、井戸、柵列等が確認されている。

  3.仏教関係施設(九重東岡廃寺跡)

     基壇建物跡や四面庇の特殊な建物跡が確認され、多数の瓦が出土している。
 
  当遺跡は、正倉院、官衙地区、仏教関係遺跡が一括して把握できるという点で貴重な
  遺跡である。郡庁、館等について、明確な建物配置を示すものではないものの、それら
  を包括すると考えられる官衙地区を構成しており、郡衙の実態を解明する上で重要な
  遺跡である。

と書いてありました。。。
1200~1300年前は、この辺り一帯の中心地だったんですね。何か不思議な感じです。

★TX沿線まちづくり「中根・金田台」の焼きかりんとう「花小路」移転の記事⇒2016年1月14日のブログ
★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のフェイスブック
★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のホームページ

■花室からテクノパーク桜へ向かう道に看板を発見(2016年1月11日撮影)
TX沿線まちづくり「中根・金田台」の奈良・平安時代の遺跡発掘調査

■看板に埋蔵文化財発掘調査現場「九重東岡廃寺・金田西遺跡」と書いてある(2016年1月11日撮影)
TX沿線まちづくり「中根・金田台」の奈良・平安時代の遺跡発掘調査

■空き地を見てみると四角や丸のくぼみがある。遺跡の向こうでは造成工事が行われている(2016年1月11日撮影)
TX沿線まちづくり「中根・金田台」の奈良・平安時代の遺跡発掘調査
TX沿線まちづくり「中根・金田台」の奈良・平安時代の遺跡発掘調査

■九重東岡廃寺・金田西遺跡の場所

地図はこちら

同じカテゴリー(地域情報)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。