アクセスカウンタ
プロフィール
グリーンの会
グリーンの会
平成24年、つくば都市交通センターが主導する形で、コミュニティーサークルの研究学園グリーンネックレスが立ち上がり、タウンの会(平成28年からアートの会が独立)、カルチャーの会、グリーンの会が発足しました。

私たちグリーンの会は、現在会員が10~70代の19名。定年後第二2の人生を謳歌しているご夫婦、お母さんと小学生の親子、OL等とバラエティに富んでおり、花植え後のお茶や一杯等、こちらも花が咲いています。興味をお持ちの方はぜひ私たちと一緒に活動しませんか!?

フェイスブック https://m.facebook.com/kenkyugakuen
メールアドレス kenkyugakuen.green@gmail.com

<主な活動>

・駅周辺の花壇づくり(ホテルベストランド前花壇、ホテル東横イン花壇等)
・花とみどりで彩る“まちなみ”づくりセミナー開催
・研究学園イルミネーションへの参加(ハンギングバスケット、寄せ植え設置)
・グリーンネックレス・タウンの会、アートの会、カルチャーの会への支援(トワイライト音楽祭等)
・野菜作り(ジャガイモやサツマイモ等)、今後、果樹作り(ブルーベリー)にも挑戦する予定です。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
QRコード
QRCODE
最近のコメント

TX開通後の研究学園の移り変わりの写真満載 !! 「グリーンの会インスタグラム」 Instagram>>>グリーンの会インスタグラム

にほんブログ村「つくば情報ブログランキング」>>>つくば情報ブログランキング

人気ブログランキング「つくば市ブログランキング」>>>つくば市ブログランキング

2015年12月07日

TXは開業10年で乗車人員累計10億人突破!

先日、TXに乗ったところ中吊り広告が目が留まりました!

そこには、「平成27年10月13日、つくばエクスプレス線では開業以来、ご利用になられた
お客さまが累計10億人を突破いたしました」と書いてありました。

そして、記念のチケットが限定で5000セット販売されるようです。
12/5販売なので、すでに売り切れていると思いますが。。。

それにしても、好調なTX!
まだまだ沿線開発が続いています。
研究学園駅周辺ではレーベンの第2、第3のマンション、学園の森あたりの宅地造成、
そしてTX車窓からは、流山おおたかの森や東田中あたりでも大規模な造成がうかがわれ、
留まるところを知りません。

一方、朝晩のラッシュは日に日に悪化するばかりで、朝の北千住駅付近では、
おしくらまんじゅうの様です。
そのうちに、三郷中央や八潮では、乗れない人もでてくるのでは?と思うほどです。

早期の8両編成化が望まれるところです。
ついでに、東京駅延伸も実現してもらいたいところです。。。

写真は、TX開業翌日2005年8月25日の研究学園駅の様子です。ぜひご覧ください!

■TX内の中吊り広告(2015年12月4日撮影)
TXは開業10年で乗車人員累計10億人突破!

■TX開業翌日の研究学園駅改札(2005年8月25日撮影)
TXは開業10年で乗車人員累計10億人突破!

■TX開業翌日の研究学園駅上りホーム。まだサーパスもありません!(2005年8月25日撮影)
TXは開業10年で乗車人員累計10億人突破!

■TX開業翌日の守谷駅付近で見かけたTXの車両(2005年8月25日撮影)
TXは開業10年で乗車人員累計10億人突破!


同じカテゴリー(地域情報)の記事
この記事へのコメント
研究好きな人さん コメントありがとうございます。

研究学園の大半は、もともと自動車研究所のテストコース内にあり、何もなかったところから街が出来上がってきました。
ほどよく都会で、少し行けば農村風景。
買い物は便利、病院も多くて、とても住みやすい街です!
そして、何よりも私たち住人が街を育てているって感じがして、グリーンの会の取り組みもやりがいがあるんです!
Posted by グリーンの会グリーンの会 at 2015年12月08日 21:43
いつもブログを拝見しております。
私は今度研究学園駅の近くのマンションに越してくるものです。
街の様子や貴会の活動を分かりやすく記事にされており、活気があり、いい街だなと常々感じております。
移り住むという不安もありますが、貴ブログのおかげで研究学園という土地で楽しく生活できそうだという期待の方が大きくなってきたように感じます。

これからもブログの更新を楽しみにしております。
Posted by 研究好きな人 at 2015年12月07日 20:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。