アクセスカウンタ
プロフィール
グリーンの会
グリーンの会
平成24年、つくば都市交通センターが主導する形で、コミュニティーサークルの研究学園グリーンネックレスが立ち上がり、タウンの会(平成28年からアートの会が独立)、カルチャーの会、グリーンの会が発足しました。

私たちグリーンの会は、現在会員が10~70代の19名。定年後第二2の人生を謳歌しているご夫婦、お母さんと小学生の親子、OL等とバラエティに富んでおり、花植え後のお茶や一杯等、こちらも花が咲いています。興味をお持ちの方はぜひ私たちと一緒に活動しませんか!?

フェイスブック https://m.facebook.com/kenkyugakuen
メールアドレス kenkyugakuen.green@gmail.com

<主な活動>

・駅周辺の花壇づくり(ホテルベストランド前花壇、ホテル東横イン花壇等)
・花とみどりで彩る“まちなみ”づくりセミナー開催
・研究学園イルミネーションへの参加(ハンギングバスケット、寄せ植え設置)
・グリーンネックレス・タウンの会、アートの会、カルチャーの会への支援(トワイライト音楽祭等)
・野菜作り(ジャガイモやサツマイモ等)、今後、果樹作り(ブルーベリー)にも挑戦する予定です。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
最近のコメント

TX開通後の研究学園の移り変わりの写真満載 !! 「グリーンの会インスタグラム」 Instagram>>>グリーンの会インスタグラム

にほんブログ村「つくば情報ブログランキング」>>>つくば情報ブログランキング

人気ブログランキング「つくば市ブログランキング」>>>つくば市ブログランキング

2017年08月31日

研究学園の大動脈「新都市中央通り」の工事状況は?(よかっぺ研究学園より)

私的なブログ 「よかっぺ研究学園」 を立ち上げたばかりなので・・・

グリーンの会のブログでも、しばらく 「よかっぺ研究学園」 の記事を紹介したいと思います!

ちなみに、グリーンの会のブログは、グリーンの会の活動、花壇の様子等グリーンの会関連情報に限定し、
よかっぺ研究学園のブログは、研究学園の変化、研究学園の街づくりを中心に自由に投稿していきたい
と思います。。。

8/29の よかっぺ研究学園 は、新都市中央通りの行き止まりから先の工事現場
を見てきましたので、その様子を取り上げます!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■新都市中央通りの行き止まりから先の工事現場(2017年8月26日撮影)


  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)

2017年08月13日

中根金田台の幹線道路の一部が開通!(よかっぺ研究学園より)

私的なブログ 「よかっぺ研究学園」 を立ち上げたばかりなので・・・

グリーンの会のブログでも、しばらく 「よかっぺ研究学園」 の記事を紹介したいと思います!

ちなみに、グリーンの会のブログは、グリーンの会の活動、花壇の様子等グリーンの会関連情報に限定し、
よかっぺ研究学園のブログは、研究学園の変化、研究学園の街づくりを中心に自由に投稿していきたい
と思います。。。

8/13の よかっぺ研究学園 では、TXの沿線開発で一番遅れている「中根・金田台」で
南北に貫く幹線道路の一部が開通したので、その様子を取り上げます!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■4車線の幹線道路の片側が通行できる(2017年8月10日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年05月05日

新都市中央通りと西大通りの交差点の右折ラインが延伸される!

5/4、研究学園からつくば駅方面へ向かって新都市中央通りを行くと・・・
セブンイレブンの交差点から、西大通りの交差点(春日1丁目西交差点)まで
中央分離帯にオレンジのタヌキのバリケードが並んでいました!

車を止めて、工事の看板を探してみると・・・
春日1丁目西交差点の近く、研究学園へ向かう車線側の歩道に立てかけて
ありました!

その看板には・・・

 右折車線を拡幅しています。
 交差点改良舗装工事
 平成29年7月25日まで

と書いてありました。

この交差点は混むイメージがあるので・・・
私はあまり通らないようにしていることもあり、当日まで気づきませんでした。
新都市中央通りから西大通りへの右折ラインが拡幅、延伸されると思いますが、
新都市中央通りからセブンイレブン交差点の右折ラインも延伸されるのでしょうか?

ともあれ渋滞緩和には効果があると思われるため、私にはとても良いニュース、
とても良い発見でした!

●新しいブログへ引っ越し最中です。こちらもご覧ください!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!


■西大通りから新都市中央通りへ左折すると工事の看板がある(2017年5月4日撮影)


■交差点改良舗装工事の看板(2017年5月4日撮影)


■西大通りから新都市中央通り研究学園方面を望む(2017年5月4日撮影)


■新都市中央通りから西大通り方面(2017年4月2日撮影)



■交差点改良舗装工事の場所

地図はこちら

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年05月01日

新都市中央通りの開通は平成32年9月までかかるのか??

3/13のブログで、研究学園の西側で、茨城県が進めている万博記念公園駅方面へ
と延びる新都市中央通り線の工事状況を取り上げましたが・・・

前回見に行ってから、50日程が経ったので、もう少し良く見て回ろうと思い立ち、
4/30に行ってみることにしました!

ちなみに新都市中央通りは、研究学園側の面野井台交差点から、万博記念公園駅側
の新豊年橋西交差点の間、約700mが開通していません。

見て回ったところは・・・
添付の地図の、①~④の場所です!

 ①は研究学園から新都市中央通りを西へ行きイエローハットの先の突き当り
    面野井台交差点です。

    ⇒ 道路が形作られ、後は舗装し道路標識等を設置する程度です。
       他の区間に合わせ、残りの工事を行うものと思われます。

 ②は面野井台交差点から直線で250m程、万博記念公園駅側に行ったところの、
    面野井集落の細い道沿いです。
  
    ⇒ TXとエキスポ通り(土浦学園線の延長)が交わる信号から北へ少し行った
       ところです。
       この道の右側が①から延びる道路工事の末端です。左側はまだ用地を
       取得できていないのか、少し先が荒地のままになっています。

 ③は②から直線で150m程、万博記念公園駅に行ったところ、新豊年橋西交差点
    から200m程の所です。
 
    ⇒ ②から谷田川方面へ下った場所ですが、「側道を整備しています」の看板
       があり、工事期間は平成29年5月26日となっていました。
       ところが、その横にあった小さな張り紙「建設業の許可証」には、
       許可年月日が平成32年9月13日となっていました。
       まさか、開通まで後3年4ヶ月もかかるってことでしょうか・・・???      

 ④はエキスポ通り(土浦学園線の延長)新豊年橋西交差点です。

    ⇒ 谷田川にかかる橋の工事は、3月に見た時から全く進展していませんでした。

結局、②と③の間が用地買収できていない等により着工できないため、①および④
の工事が引きずられ、途中でストップしているものと思われます。

開通は・・・
平成32年9月までかかってしまうのでしょうか・・・

★新都市中央通りの工事状況⇒2017年3月13日のブログ
★新しいブログへ引っ越し最中です。こちらもご覧ください!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■撮影場所


■<①>面野井台交差点の先の新都市中央通り線の状況(2017年4月30日撮影)



■<②>面野井台交差点から直線で250m程、万博記念公園駅側へ行ったところ(2017年4月30日撮影)


■<②>面野井台交差点方面<①>を見てみた。(2017年4月30日撮影)


■<②>新豊年橋西交差点方面<③④>を見てみた。(2017年4月30日撮影)


■<③>②から直線で150m程の所に看板があった。




■<④>新豊年橋西交差点の先の新都市中央通り線の状況(2017年4月30日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(6)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年04月03日

【祝】コストコから西大通りに通じる「葛城北線」4/3開通!

当ブログでは2015年10月からずっと開通を待ち望み、工事状況を追ってきた
葛城北線(コストコから西大通りへ通じる幹線道路)ですが・・・

ついに今日(4/3)の10時に開通です!

4/2、西大通り古内交差点は、右折ラインを増設する交差点改良工事も終わり、
工事期間中、名物と化した、センターライン寄り並んだカエルのバリケードも無く
なっていました。

そして、反対コストコ側(長大総合研究所裏)の看板には・・・

4/3 10時~ 直進通行可と大きく書かかれた紙が張ってありました!
でも・・・
交差点改良工事の看板の工事期間は平成29年5月31日となっているので・・・
何故だろうと状況を良く見てみると・・・

何と歩道の舗装がまだされていません。
歩道の舗装なら、事前に済ませておけばよさそうなのに・・・  
なぜでしょうか??

とは言え、4/3から西大通りと葛城北線が通じるので、飛躍的に便利になると
思われます!
反面、コストコがある学園の森中央交差点の渋滞が激しくなるような気もして、
一抹の不安がありますが・・・

●新しいブログへ引っ越し最中です。こちらもご覧ください!

★葛城北線の開通が今度こそ近づいたとの記事⇒2017年2月20日のブログ
★葛城北線が開通間近との記事⇒2017年1月23日のブログ
★もうすぐ西大通りとつながりそうとの記事⇒2016年11月24日のブログ
★長大総合研究所裏から西大通りの工事の様子⇒2016年6月27日のブログ
★長大総合研究所裏までの開通前の様子⇒2015年10月19日のブログ

★グリーンの会の 
【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!


■葛城北線4/3の10時開通!(2017年4月2日撮影)


■スーパーセンタートライアルから西大通り方面。歩道はまだ舗装されていない(2017年4月2日撮影)


■西大通り古内交差点(2017年4月2日撮影)


■西大通りから葛城北線を望む(2017年4月2日撮影)


■古内交差点の場所

地図はこちら
  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)

2017年04月02日

研究学園駅駐輪場拡張工事完了!自転車265台分を置くことが可能に!

3/12のブログで、研究学園駅近くのつくばエクスプレス高架下で駐輪場拡張工事が
行われており、もうすぐ完了しそうとの記事を掲載しましたが・・・

ついに、3/31から駐輪できるようになりました!

ちなみに、この拡張工事により・・・
現在の自転車台数に加え、研究学園駅の西側に190台分、東側に75台分が置ける
ようになりました。

工事現場に立っていた看板には、工事期間が平成29年3月15日までとなっており、
計画通りに工事が完了したものの、2週間経っても入口にはコーンが立っていて
駐輪場は利用できませんでした。

3/31朝見た時にも、変わらずコーンが立っていたので、
てっきり、年度が替わる4月から、開放され利用できるものと思っていたのですが・・・
きりが良いとは言えない、3/31から使用できるようになりました!

4/1は土曜だったので、営業日に市役所立会いの下、開放したのでしょうか・・・

実際の所は良く分かりませんが・・・
これで溢れていた自転車が無くなりきれいな街並みが戻りそうです。
また、駐輪場が広くなり、スムーズに止めやすくなりそうで、うれしいです!

●新しいブログへ引っ越し最中です。こちらもご覧ください!

★駐輪場工事がもうすぐ終わりそうとの記事⇒2017年3月12日のブログ
★研究学園駅近くで駐輪場の拡張工事が始まった旨の記事⇒2017年2月15日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■駅東側駐輪場が利用可能になった(2017年3月31日撮影)



■駅西側駐輪場はまだ利用できない(2017年3月25日撮影)



■駅東側駐輪場はまだ利用できない(2017年3月28日撮影)


  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年03月13日

新都市中央通り線の工事両側を見てきた!

3/11、つくば市都市計画課が主催する「~まなぼう!つくば市の都市計画講座~」が
あり、受講してきました!
つくば市役所内の会議室で、TX沿線の区画整理等の説明があった後、バスで葛城地区
(研究学園駅周辺)や、中根・金田台地区(テクノパーク桜から桜庁舎一帯)等を巡り、
いろいろ耳寄りな情報をお聞きしました。

中根・金田台では東西、南北に貫く都市計画道路の説明があり、、東西の道路の延長は、
東大通りと北大通りが交わる妻木交差点を経て、研究学園の中心部を貫く新都市中央
通り線へ繋がるとの説明がありました。
まさに道路が形づけられたばかりで、重機で掘り下げている様は、なかなか見ることがで
きない貴重な現場だとのことでした。。。

また、この現場同様、研究学園の西側で、茨城県が進めている万博記念公園駅方面へ
と延びる新都市中央通り線の工事現場も、橋を造る様子が分かり、見る価値があるとの
ことでした。。。

都市計画講座については、後日ブログで取り上げることとし・・・
新都市中央通り線の工事現場を早速見てきましたので、万博記念公園側の新豊年橋西
交差点(秀英高校近く)と、研究学園側の面野井台交差点(東光台研究団地近く)の状況
をレポートします。

万博記念公園駅側は、講座で説明があったとおり谷田川にかかる橋を作っている最中で、
橋から繋がるであろう道路はまだ形すらありませんでした。
工事現場の看板には、新しい橋を作っていますと書かれており、3/20までが工事期間
でした。この様子では、まだまだ時間がかかりそうです。

一方、研究学園側はこのブログでも何度か取り上げていますが、すでに重機も無く、落ち
着いた状況で、後は舗装を残す程度でした。
どうやら、万博記念公園駅側の舗装工事のタイミングと合わせ、仕上げを行うのでしょう!

研究学園から万博記念公園駅へと繋がるのは、しばらく先の様ですが・・・
都市計画講座で教えてもらったように、まさに橋を作る貴重な現場を目にすることができ
ました!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■新豊年橋西交差点の先の新都市中央通り線の状況(2017年3月12日撮影)




■面野井台交差点の先の新都市中央通り線の状況(2017年3月12日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年03月12日

研究学園駅駐輪場拡張工事は完了間近!

2/15のブログで、研究学園駅近くのつくばエクスプレス高架下で駐輪場の
拡張工事が行われていることをお伝えしました。

研究学園駅の西側に190台分、東側に75台分を拡張する工事です。

工事現場に立っている看板では、工事期間が平成29年3月15日までとなって
いるため、もうそろそろ終わりかな?って思い、3/11に見に行くと・・・

駅西側の工事は、駐輪場自体の工事はほぼ終了しており、交差点に面する
道路沿いで、駐輪場の入口工事が行われていました。

一方、駅東側の工事は、地面のコンクリート打設工事は終わっており、後は、
自転車転倒防止柵の取り付けを残す程度という感じでした。。。

もう完成間近・・・
予定通り3/15には終わりそうです!

これで溢れていた自転車も無くなりきれいな街並みが戻りそうです。
そして、広々とし、自転車をスムーズに止めやすくなるので便利になりますね!

★研究学園駅近くで駐輪場の拡張工事が始まった旨の記事⇒2017年2月15日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■駅西側の工事現場(2017年3月11日撮影)




■駅東側の工事現場(2017年3月11日撮影)




  

Posted by グリーンの会 at 00:11Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年03月11日

TX守谷駅付近の入出庫線複線工事終了!これでもっと便利になる?

つくばエクスプレスでは、平成25年3月から平成29年3月の4年間をかけて、守谷
駅と車両基地(総合基地)を結ぶ入出庫線の複線化工事を進めてきました。

3/10、つくばエクスプレスのホームページ「TXからのお知らせ」に
「平成29年3月19日(日)初列車より入出庫線の複線使用を開始します」との記事
が掲載されました!
そして、今まで守谷駅付近で行われていた徐行運転も解除されるとのことが書いて
ありました。

従来、「流山おおたかの森」または「八潮」で快速列車が普通列車を追い越していま
したが、これで守谷での追い越しも可能になります!

徐行運転解除と守谷駅の追い越しが可能となると・・・
研究学園から秋葉原間の所要時間短縮と、研究学園停車間隔のバラツキが解消
されることが期待されます!

例えば平日7時台の上りを例にとると・・・
 7:06 7:14 7:20 7:27 7:30 7:38 7:45 7:55 7:59
と、列車の間隔は3分から10分と、7分も開きがありますが、これで平準化されるの
でないでしょうか!

ところが、お知らせを良く見ると・・・

今回の工事は複線化のみ完了したとのことで、まだ、守谷駅での追越設備新設工事、
ならびに、総合基地内に新設中の「車体更新場新設」工事は完了しておらず、
平成29年度中の完成を目途に引き続き工事を進めて行くということが書いてありました。

ぬか喜びでした。。。
ダイヤ改正はもうしばらくお預けでしょうか??
でも、徐行運転は解除されるし・・・  
つくばエクスプレスのお知らせを注視して行きたいと思います!

★入出庫線の複線使用のお知らせ(TXホームページ)

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■守谷駅付近の入出庫線の複線工事は工事中(2016年4月11日撮影)


■守谷駅付近の入出庫線の複線工事はほぼ完了(2017年2月11日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年03月01日

つくばエクスプレス「TXチャギントントレイン」運行開始!

つくばエクスプレスでは、一ヶ月前(2/1)からラッピングトレイン「梅つくば号」
の運行を始めましたが・・・

また、違うラッピングトレインの運行を始めました!
今度は・・・
平成29年2月25日~4月9日の『TXチャギントン スタンプラリー2017』開催に
合わせ、『TXチャギントントレイン』のラッピングトレインです。
※チャギントンは下段をご参照ください。

2/25、運行初日、研究学園駅からつくば駅まで、チャギントントレインに乗って
みることにしました。
朝8時23分発のTXに乗車するため、駅に向かったのですが・・・
若い人が駅やホームにあふれていました!
そう、この日は筑波大学の2次試験日、研究学園周辺のホテルに宿を取った
受験生が試験会場の筑波大学へ向かう時間だったのでした。

「わ~チャギントンだ!」との声も聞こえてきました!
受験日に、ラッキーにも運行初日のチャギントントレインに乗ることができて、
気分良く試験会場に向かうことができたのではないでしょうか・・・
皆さんの幸運を祈ります!

ちなみに、チャギントンとは(つくばエクスプレスのホームページ引用)

 -21世紀の子供たちに贈る、日々成長していく幼い列車たちの物語-

 「物語の舞台は「チャギントン」という様々な列車が暮らす街。街の名前の由来、
  それは英語の「チャグチャグ」という言葉が日本語で言う「シュシュポポ」にあたり
  『チャグチャグ』の『タウン(街)』から『チャギントン』と名づけられました。
  この街では色々な列車たちが人々と一緒に様々な仕事をこなしつつ生活してい
  ます。主人公は、元気いっぱいな「ウィルソン」、力持ちの「ブルースター」、
  ちょっぴりおてんばな「ココ」という見習い列車3人組。
  この3人が、チャギントンの街で先輩たちの列車に導かれながら様々な経験を
  積んでともに成長してゆく冒険と友情の物語です。
  『チャギントン』の生まれは鉄道の国イギリス。そして今や世界178を越える国と
  地域で放送される大人気CGアニメと成長しました。」

★ラッピングトレイン「梅つくば号」の記事⇒2017年2月5日の記事
★ラッピングトレイン「紅葉つくば号」の記事⇒2016年10月5日のブログ
★筑波山あるキップトレインの記事⇒2016年8月21日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■「TXチャギントントレイン」(2017年2月25日撮影)


■側面には可愛い梅の花びらが描かれている(2017年2月25日撮影)


■チャギントンの中吊りポスター(2017年2月25日撮影)


  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(2)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年02月21日

スーパータイヨー建設の傍らで「学園の森1丁目」造成工事が進む!

茨城県つくば地域振興課のホームページ「つくばエクスプレス沿線のまちづくり」
によると、研究学園葛城地区のまちづくりは、「平成12年度~平成30年度」の
計画となっています。

残すは後1~2年ということで・・・
まちづくりはそろそろ終盤をむかえ、空地もずいぶん減ってきました!

現在、葛城西線沿いには、(仮称)葛城北部学園やスーパータイヨーを建設して
いますが、タイヨーから葛城西線を挟んだ反対側では、宅地造成工事が急ピッチ
で進められています!

この住宅地は、すぐ横にテーダ松が並び、そして南隣に調整池があります。
そして、この調整池の周りにはアジサイがたくさん植えられています。

自然と隣り合わせ、買い物が便利で、小中学校にも近い・・・
とても暮らしやすい、素敵な住宅地だと思います!

ちなみに、このアジサイは研究学園駅近くの調整池を囲む千本桜を植えた
「NPO法人研究学園・葛城」の皆さんが植えたものです。
その他にも研究学園駅前イルミネーションを手掛けるなど、研究学園を安全で、
魅力的な街にしようと尽力されておられます!

私たち研究学園グリーネックレスも、NPO法人研究学園・葛城の皆さんと協力
し、きれいで魅力的な街並みづくりをしていきたいと思います!

★「つくばエクスプレス沿線のまちづくり」のホームページ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■はま寿司裏から、学園の森1丁目造成地(左側は調整池)(2017年2月18日撮影>


■学園の森1丁目宅地造成(2017年2月18日撮影>




■学園の森1丁目宅地造成の場所

地図はこちら
  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(3)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年02月20日

コストコから西大通りに通じる「葛城北線」今度こそ開通間近!

1/23のブログで、コストコからスーパーセンタートライアルを通り、西大通りの
古内交差点へ抜ける道「葛城北線」が開通間近との記事を掲載しました。

と言うのも・・・
「道路改良舗装工事」の看板の工期が2/10までとなっており、行き止まりから先
の車道が舗装されていたからです。

ところが・・・
2/5、ブログ読者の方から、「工期が3月24日になってました!T_T」とのコメント
をいただき、またも開通がお預けということを知りがっかりしました。。。

2/19、その後の様子を見に行くと・・・
長大総合研究所から先、古内交差点間は当然ながら行き止まりで、歩道はまだ
舗装されていませんでした。
でも、西大通りは国土地理院方面から古内交差点への進入地点の右折ライン増設
等の交差点改良工事が大々的に行われていました。
センターライン寄りの車線は「かえるちゃん」の可愛いバリケードが設置され、1車線
規制されていました!

交差点改良工事の看板の記載の完了日まで後1か月余り、今度こそ開通しそうな感じ
です。。。

★葛城北線が開通間近との記事⇒2017年1月23日のブログ
★もうすぐ西大通りとつながりそうとの記事⇒2016年11月24日のブログ
★長大総合研究所裏から西大通りの工事の様子⇒2016年6月27日のブログ
★長大総合研究所裏までの開通前の様子⇒2015年10月19日のブログ

★グリーンの会の 
【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!


■スーパーセンタートライアルから西大通方面に向かう(2017年2月19日撮影)


■葛城北線と西大通りの接続地点(2017年2月19日撮影)


■古内交差点【西大通りをつくば駅から国土地理院方面へ】(2017年2月19日撮影)


■古内交差点【茶の木村園方面から】(2017年2月19日撮影)


■西大通り古内交差点手前【国土地理院からつくば駅方面】(2017年2月19日撮影)


■古内交差点の場所

地図はこちら
  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(2)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年02月15日

【朗報】研究学園駅の駐輪場拡張工事が始まった!

現在、動画特集を6回に渡りお送りしており、昨日(2/14)は第3回を
お送りしました。

続いて第4回「研究学園は花が溢れる素敵な街」をお送りする予定でしたが・・・

朗報がありますので、割り込んでお伝えしたいと思います!

研究学園駅の高架下で駐輪場の拡張工事が始まりました!
現在、東側(つくば駅側)、サーパスマンション前で工事が行われており、、
パワーショベルがあり、土が盛られていました。
拡張されるのは、高架の柱と柱の間、1スパン、約20m程の幅でした。

近々、西側(万博記念公園駅側)の工事も始まるものと思われます。

工事現場にあった看板「駐輪場拡張工事のお知らせ」には・・・

 <工事期間> 
  
  平成29年1月12日から平成29年3月15日まで(着工2月13日~)

 <工事内容>

  駐輪場拡張工事 駅東75台、駅西190台増設

とありました。
また、工事位置図には、駅東と駅西に工事場所を示す丸印がありました。

現在、自転車が入りきれず、フェンスの外にまで置かれている状況でした
ので、これですっきりし、きれいな街並みが戻りそうです!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■駐輪場拡張工事の看板(2017年2月14日撮影)


■駐輪場拡張工事のお知らせ(2017年2月14日撮影)


■サーパスマンション前の駐輪場増設工事(東から駅方面)(2017年2月14日撮影)


■サーパスマンション前の駐輪場増設工事(駅側から東つくば駅方面(2017年2月14日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(2)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年02月10日

新都市中央通りの万博記念公園方面への延伸工事。着実に進んでいます!

12/6のブログで、イエローハットから南西へ300m程行くと面野井台交差点があり、
その先で、道路工事が行われているとの情報をお伝えしました。
現在行き止まりですが、万博記念公園方面へと延びる、新都市中央通りの延伸工事
です。

着実に進んでおり、前回お伝えした時からは段違いです!
車道は、アスファルト舗装すれば、すぐにでも車が走れそうです。。。
そして、車道と歩道を分ける縁石も並べられました。

とは言え・・・
中央分離帯や歩道等は、まだまだ工程がありそうです。。。
街路改良工事の看板の工事期間は、平成29年2月28日までとなっていますが・・・
後、20日ほどで終わらせることは、至難の業です。
素人目から見ても不可能だということは明らかです!

でも、それほど遠くない将来には開通すると思われます!

★新都市中央通りの延伸工事の状況⇒2016年12月6日のブログ
★面野井台交差点から先の工事(11/5時点)の様子⇒2016年11月7日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■この先が面野井台交差点(2017年2月4日撮影)


■面野井台交差点から新都市中央通りの延伸工事(2017年2月4日撮影)


■看板では工事期間が2017年2月28日までとなっている(2017年2月4日撮影)


■車道には砂利が敷かれ、後はアスファルト舗装するだけ?(2017年2月4日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年02月05日

つくばエクスプレス「梅つくば号」運行開始!

今年も2月に入り、待ちに待った、花の便りが聞こえる季節になりました!
つくばの花の便りと言えば・・・
真っ先に思いつくのが、「筑波山梅林」ですね!

「筑波山梅林」は筑波山中腹にある言わずと知れた観光スポットですが・・・
白梅・紅梅・緑がく梅など約1000本の梅と、筑波石の巨岩が散在し、
紅白に染まる梅と筑波石のコントラストが見事です!

梅は2月中旬頃から咲き出し、3月上旬には満開となりますが、
毎年この期間、筑波山梅まつりがあり、今年は2/25~3/20に開催されます。

そして・・・
つくばエクスプレスでは、広くPRする事を目的ラッピングトレイン『梅つくば号』の運行
を開始しました。
ちなみに、梅つくば号は1編成6両で、2/1~3/20に運行されます。

早速2/4、あまりお客さんがいない早朝の時間帯に乗車し写真を撮ることにしました。
梅の花びらが散りばめられた側面、ピンクのポスターがいっぱいの車内、
ほんわか明るく、暖かで、いかにも春って感じでした!
でも、残念だったのは・・・
昨年秋に運行したラッピングトレイン「紅葉つくば号」は、車内の床にまで、紅葉が
描かれていましたが、今回の「梅つくば号」にはありませんでした。。。

でも、TXはいろいろ企画し、単なる移動手段だけでなく、乗って、見て楽しい鉄道会社
には間違いありません!

★ラッピングトレイン「紅葉つくば号」の記事⇒2016年10月5日のブログ
★筑波山あるキップトレインの記事⇒2016年8月21日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■「梅つくば号」(2017年2月4日撮影)


■側面には可愛い梅の花びらが描かれている(2017年2月4日撮影)



■車内は中吊り広告等でピンク一色(2017年2月4日撮影)


  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2017年01月23日

コストコから西大通りに通じる「葛城北線」舗装工事完了。開通間近!

1/21、コストコからスーパーセンタートライアルを通り、西大通りの古内交差点
へ抜ける道「葛城北線」を通ると・・・
長大総合研究所裏の行き止まりから先がきれいに舗装されていました!

近くにあった「道路改良舗装工事」の看板の工期は2/10までとなっています。
でも、まだ歩道は舗装されていません。

延期次ぐ延期、長かった工事もやっと先が見えてきました!
後20日程で交差点、歩道等すべての工事が完了し、開通って話になるのでしょう
か・・・??
この道が開通すると、便利になりますね!

でも・・・
この沿道にも、コストコ、スーパーセンタートライアル、ミートコ、Rupo等、
人気のお店がたくさんあるので、葛城西線のような渋滞路線にならないか、
ちょっと心配です。。。

★もうすぐ西大通りとつながりそうとの記事⇒2016年11月24日のブログ
★長大総合研究所裏から西大通りの工事の様子⇒2016年6月27日のブログ
★長大総合研究所裏までの開通前の様子⇒2015年10月19日のブログ

★グリーンの会の 
【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!


■スーパーセンタートライアルから西大通方面に向かう(2017年1月21日撮影)


■突き当りの先の車道はきれいに舗装されている(2017年1月21日撮影)


■歩道はまだ舗装されていない(2017年1月21日撮影)


■道路改良舗装工事の看板の工事期間は2/10までとなっている(2017年1月21日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(4)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年12月19日

圏央道常総インター開通プレイベント「ハイウェイウォーク」の様子!

12/18、常総インター開通プレイベント「Joso Highway Walk」が開催
されました!
これは・・・
普段歩くことができない高速道路、開通前の圏央道を歩くことができるとい
うイベントです。
常総インターから、つくば中央インター方面、小貝川辺りまで片道2km程を
歩くことができます。

ちなみに、常総インターは、土浦学園線を西に行き、小貝川を渡った先、
国道294に接続する形になります。
研究学園からは8~9km程、とても分かりやすく、行きやすい場所にあり、
関越道や中央道方面へ行くなら、つくば中央インターまで戻るより良いかも
しれません。

10時から13時まで、イベントが開催され圏央道を歩くことができるとの情報
をパンフレットで知り、9時頃、シャトルバス発着所へ行ってみると・・・
長蛇の列。
寒い中、待つこと50分、やっとシャトルバスに乗ることができました。。。

常総インターでは、出店も並んでいて、開会イベントが終わったばかりなのか、
五十嵐市長の他、フックン船長の姿も見られました。
そして、子供から、お年寄りまで、もうすでに多くの人が、高速道路上を歩いて
いました。

プレイベントと言うことで、間もなく開通するのかと思いしや・・・
まだ、合流地点の一部が舗装されていなかったり、ガードレールが取り付けら
れていない、センターラインが引かれていない等、早くても年度末の3月開通
という感じでした。
正月の帰省で、「利用できるかも?」と期待していたので、これには少しがっか
りでした。。。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■「Joso Highway Walk」のパンフレット


■常総インターの料金ゲート(2016年12月18日撮影)


■料金ゲートをくぐるとフックン船長がお出迎え(2016年12月18日撮影)


■ウォーキングスタート地点(2016年12月18日撮影)


■Joso Highway Walkの横幕(2016年12月18日撮影)


■インター近くは広い(4車線分だ)が、少し行くと狭くなる(2016年12月18日撮影)


■本線から料金ゲートへ向かう(2016年12月18日撮影)


■常総インターの場所

地図はこちら  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年12月15日

小野酒店の西側「研究学園3丁目」の造成が完了した模様!

国土地理院近くのカスミやホーマックがある交差点から、山新グランステージが
ある交差点に通じる道が「葛城西線」ですが・・・
最近オープンした小野商店から、ミニストップがある東光台東交差点までの西側
は、フェンスに囲われずっと造成工事が行われていました。
ちなみに、住所は研究学園3丁目となります。

最近になり、囲われていたフェンスが取り除かれ、造成工事が終わったと思わ
れます。
次は区画工事が始まるのでしょうか??

「つくばエクスプレス沿線のまちづくり」のホームページによると、研究学園葛城
地区のまちづくりは平成12年度から平成30年度までとなっており、後2年程で
街ができあがる計画になっています。
ということで・・・
研究学園地区の街づくりも最終段階に来ていると言えます。

同ホームページに掲載の地区計画パンフレットによると、葛城西線や東光台に
抜ける道沿いは沿道住宅地区、その内側は一般住宅地区に分類されています。

沿道住宅地区とは、

 「補助幹線道路の沿道部に街並みに配慮した低層または中高層の住宅や商業
  施設等を誘致し、緑豊かな住宅・商業共存するゾーン」

一般住宅地区は、

 「街並みに配慮した低層または中層の住宅を誘致し、緑豊かなゆとりある
  住宅地を形成するゾーン」

となっていました。

ちなみに、低層、中層、高層建築物の定義をネットで調べたところ・・・
低層は1~2階、中層は3~5階、高層は6階以上の建物を指すようです。

ということで、沿道沿いには、お店ができる可能性があります。
今後どう発展していくか、もう暫く見続けて行きたいと思います!

★「つくばエクスプレス沿線のまちづくり」のホームページ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■研究学園3丁目造成地(小野酒店付近から)(2016年12月10日撮影>



■研究学園3丁目造成地(東光台からミニストップに抜ける沿道沿いから)(2016年12月11日撮影>

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年12月06日

「新都市中央通り」フルーツショップ青木から先延伸工事。着実に進んでいます!

昨日(12/5)のブログで、坂東太郎やフルーツショップ青木のそばでイエローハット
の鉄筋工事が行われている旨をお伝えしました。

そこから、南西へ300m程行くと面野井台交差点があり、新都市中央通りはその先、
行き止まりとなっています。

イエローハットの開店予定が2017年3月8日、ほぼ時を同じくして、新都市中央通りが
万博記念公園駅方面へとつながります!
※あくまでも、工事の看板なので、完了予定の2017年2月28日には間に合わない
 可能性大ですが・・・

新都市中央通りが万博記念公園駅側へとつながると・・・
一気に交通量が増えること間違いなし。
もちろんイエローハットも、開通に照準を当てたものと思われます。

面野井台交差点については、11/7のブログで11/5の状況をお送りしましたが・・・
それから、およそ一ヶ月、着実に工事は進んでいます。

面野井台交差点から、イエローハットのある研究学園方面を見ると・・・
道がカーブしていて、正面にイエローハットが横たわって見えます。
なので、出来上がるとものすごくインパクトある建物になると思います。
最高の立地と言っても過言ではなさそうです!

★面野井台交差点から先の工事(11/5時点)の様子⇒2016年11月7日のブログ


★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■面野井台交差点から研究学園方面へ向かうと、正面に工事中の建物が見える。これが「イエローハット」だ(2016年12月4日撮影)


■「イエローハット」はとても大きな建物のように感じる(2016年12月4日撮影)


■面野井台交差点。カッコいい車が通りすぎた(2016年12月4日撮影)


■万博記念公園方面へと工事中が進む(2016年12月4日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年11月24日

コストコから西大通りへ抜ける道が開通間近です!

去年の秋(2015年10月)および今年夏(2016年6月)のブログで、取り上げた
コストコからスーパーセンタートライアルを通り、西大通りへ抜ける道の最新状況
です!

現在、長大総合研究所裏から先、西大通り古内交差点まであと100mほどの所
で行き止まりとなり、迂回ルートを通り古内交差点へ通じます。

ちなみに、この古内交差点を突っ切り150m程行ったところに、日光天然氷の
かき氷で有名な「茶の木村園」があります。

11/23、状況を見に行くと・・・
迂回ルートが通行止めになっており、古内交差点進入地点の工事をしていました。
ということで・・・
いよいよ西大通りまでつながりそうです!

工事現場近くにあった道路改良舗装工事の看板には平成28年11月30日まで
となっています。
でも・・・
車道や歩道の舗装もされていないので、後一週間ではちょっと厳しそうです。。。

それでも、開通まで秒読みと言って良い段階までこぎつけたようです!

★長大総合研究所裏から西大通りの工事の様子⇒2016年6月27日のブログ
★長大総合研究所裏までの開通前の様子⇒2015年10月19日のブログ

★グリーンの会の 
【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!


■撮影場所


■<①>スーパーセンタートライアルから西大通方面に向かう道の突き当り(2016年11月23日撮影)


■<②>突き当りから西大通方面の様子。まだ舗装されていない。(2016年11月23日撮影)


■<③>工事現場近くにあった看板には工事期間は平成28年11月30日となっている(2016年11月23日撮影)


■<④>迂回ルートから古内交差点が通行止めになっている(2016年11月23日撮影)
  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(2)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年11月07日

研究学園の大動脈「新都市中央通り」西側延伸工事が急ピッチで進められている!

研究学園を東西に貫く大動脈が「新都市中央通り線」です。
東は北大通りと繋がり、西側はゆくゆく万博記念公園駅、みどりの駅方面へと繋がる
予定になっています。
現在、フルーツピークスや坂東太郎研究学園総本店の先、東光台研究団地の所で
その先は行き止まりになっています。

その先がずっと工事中でしたが・・・
最近になり、大きな動きがあったので、実際見に行ってきました!

行き止まりの交差点は「面野井台交差点」といいますが、そこには工事中の看板が
あり、工事期間が平成29年2月28日までとなっていました!
看板の後ろには、大きなパワーショベルがあり、森が切り開らかれました。
そして、車道は整地され、歩道が盛り土され、ずっと先まで延々と続いています。

2月28日に完成できるか微妙ですが、いずれにせよ近いうちに万博記念公園方面
へと繋がりそうです!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■新都市中央通の東の突き当り(2016年11月5日撮影)


■面野井台交差点(2016年11月5日撮影)


■道路工事中の看板。工事期間は平成29年2月28日までとなっている(2016年11月5日撮影)


■大きなパワーショベルが塞いでいる(2016年11月5日撮影)


■パワーショベルの先に歩道の盛り土が延々と続く(2016年11月5日撮影)


■車道も延々と続く(2016年11月5日撮影)


■森が切り開かれ万博記念公園方面へと工事が進む(2016年11月5日撮影)



■面野井台交差点の場所

地図はこちら
  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年10月05日

つくばエクスプレス「紅葉つくば号」運行中!

10/4、つくばエクスプレスの車内が筑波山一色になっていました。
8/21のブログで紹介した「筑波山あるキップトレイン」がまた運行されているのかな?
と思い、車内を見渡すと・・・

乗降口の辺りが“モミジ”をあしらった床になっていて、中吊り広告も紅葉の筑波山に
なっていました。

そして、車両側面には筑波山あるキップトレイン同様に、ロープウェイやケーブルカー
のイラストになっているものの、モミジが描かれた秋バージョンになっていました!

研究学園駅で、構内に貼ってあるポスターを見渡すと・・・・
「秋の筑波山へ行こう!」、「ヘッドマーク付きラッピングトレイン『紅葉つくば号』運行!」
のポスターが目に飛び込んできました。

どうやら、秋の行楽シーズン、紅葉シーズンに向けて・・・
10/1から11/30まで、筑波山の紅葉をあしらった『紅葉つくば号』が運行されてる
ようです。

TXはいろいろ企画し、単なる移動手段だけでなく、乗って、見て楽しい鉄道会社です!

★筑波山あるキップトレインの記事⇒2016年8月21日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■「紅葉つくば号」中吊り広告(2016年10月4日撮影)


■「紅葉つくば号」車両側面のイラストと出入り口のモミジの床(2016年10月4日撮影)


■車両側面のロープウェイのイラスト
 上の写真が10/4撮影、下の写真が8/19撮影



■<表>パンフレット「秋の筑波山へ行こう!」


■<裏>パンフレット「秋の筑波山へ行こう!」
  

2016年08月21日

TX「ご当地キャラ」「筑波山」「めいわくだもの」ラッピングトレイン運行中!

8/19、たまたま乗ったつくばエクスプレスの車内が筑波山一色になっていました。
窓の上には筑波山の長~いパノラマ写真がいくつも掲出されており、
つり革までもが緑色に変わっていました。
そして、列車を降りると・・・
車両側面にも、筑波山ロープウェイやケーブルカー、筑波山神社等見覚えあるイラスト
のラッピングが施されていました。

何のことかと、つくばエクスプレスのホームページを見ると・・・

7/30から8/31までの間、「筑波山あるキップトレイン(1編成)」を運行すると書い
てありました。
それは、今年から8/11が「山の日」に制定されたことと、鉄道と筑波山シャトルバス
がセットになった「筑波山あるキップ」の発売を記念しての運行だそうです。
「筑波山あるキップトレイン」は、車両前面にヘッドマークが取り付けられ、車両側面に
筑波山の魅力をイラストでラッピングし、列車内の窓上部に筑波山のパノラマ写真を
掲出、つり革(一部)を、筑波山の自然をイメージした緑色に変更したとのことです。

また、この時期、他にも2つの企画が・・・

1つ目が、7/16から9/25、ヘッドマークおよび中吊り、そして、車両側面に
ご当地キャラクターをあしらった「ご当地キャラクタートレイン」を1編成(6両)運行

2つ目が、5/28から平成29年3/31、ヘッドマークおよび窓上部、中吊りに、可愛い
くだものが描かれた マナーポスター(「くだもの」シリーズ)「TXフルーツトレイン」を
1編成(6両)運行

しており、単なる移動手段だけでなく、乗って、見て楽しめます。

ということで、8/20に時刻表を調べ「ご当地キャラクタートレイン」に乗ってみることに
しました。
そもそもこの企画は・・・
TX線(23箇所)と流鉄流山線(4箇所)の計27箇所に、各地域にゆかりのあるご当地
キャラクターがデザインされたスタンプを設置し、10種類以上集めれば、もれなく
「オリジナルクリアファイル」がもらえ、さらに全種類集めると(先着2000名)には
「オリジナル30cm定規」がいただけるスタンプラリーです。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

★「筑波山あるキップトレイン」のつり革は緑、窓上には筑波山のパノラマ写真(2016年8月19日撮影)


★「筑波山あるキップトレイン」の車両側面には筑波山ロープウェイのイラスト(2016年8月19日撮影)


★「ご当地キャラクタートレイン」のヘッドマーク(2016年8月20日撮影)


★「ご当地キャラクタートレイン」の車両側面はご当地キャラ、ドアは流鉄流山線カラー(2016年8月20日撮影)





★「ご当地キャラクタートレイン」の中吊りはご当地キャラ(2016年8月20日撮影)


★研究学園駅のスタンプラリー(2016年8月20日撮影)


★研究学園駅とつくば駅のスタンプを押してみた(2016年8月20日撮影)

  

2016年06月27日

コストコ・トライアルマートから西大通り、もう少しでつながりそうです!

去年の秋(2015年10月19日)のブログで、一度取り上げたことがありますが・・・
コストコからトライアルマートを通り、西大通りへ抜ける道の6/26の状況です。

前回のブログで取り上げた後、しばらくして長大総合研究所裏まで開通しました。
そして、西大通り古内交差点まであと100mほどの所で行き止まりとなり、
迂回ルートを通り古内交差点へ出れるようになりました。

久しぶりに見に行くと・・・
大きな進展がありました!

行き止まりの先には、大型のパワーショベルがあり、道路ができていて、縁石まで
敷かれていました。
後はアスファルトで舗装すれば終わりという感じです。。。

それではと・・・
古内交差点側へ回ってみると、あっちの方向を向いた信号が取り付けられ、交差点
部分も広げられていました。
まだ、アスファルト舗装や信号機の調整、西大通りの改良工事等も考えると、今しばらく
かかるとは思いますが・・・
それでも、数か月の内には開通しそうな予感です。。。

ちなみに、工事現場近くにあった道路改良工事の看板には平成28年6月30日まで
となっていましたが、これはちょっと厳しそうです。。。

★長大総合研究所裏までの開通前の様子⇒2015年10月19日のブログ

★グリーンの会の 
【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!


■道路工事の看板。6/30完了は厳しそう(2016年6月26日撮影)


■撮影場所


■<①>トライアルマートから西大通方面に向かう。突き当りを右折しすぐ左折すれば古内交差点(2016年6月26日撮影)


■<②>突き当りから西大通方面の様子。道がずいぶんできている(2016年6月26日撮影)


■<③>長大総合研究所前の道から古内交差点(2016年6月26日撮影)


■<④>古内交差点から左。西大通までほぼつながっている(2016年6月26日撮影)


■<⑤>古内交差点から左後ろ。後は舗装するだけ(2016年6月26日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(6)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年06月18日

葛城郵便局前の恐怖の交差点が改良される!

6/16、葛城小学校前を通り、PCデポからワンダーレックスへ抜ける旧道へと向かうと
道路の舗装がはがされ、工事が行われていました。

ここ葛城郵便局前の交差点は民家のブロック塀があり、見通しが悪く怖いな~っと
思うことがしばしばありました。
とくに冬の夕方、夕日がカーブミラーに反射し、まったく見えないと言っても
過言ではありませんでした。
苦情、要望があったのでしょうか??

この恐怖(ちょっと大げさですが・・・)の交差点が改良され、
葛城小学校側と、葛城郵便局側、2か所のコーナーが少し広くなりそうです。

葛城小学校側は、コーナーの内側に縁石が敷かれていました。
たぶん信号機や止まれの標識などのポールが内側に移設されるものと思われます。

また、葛城郵便局側も駐車場が削られ、内側に側溝が移設されたように感じました。

葛城小学校前の住宅地は・・・
ここ数年で、空き地だった所がほぼ住宅で埋め尽くされ、多くの人たちがここに暮らす
ようになりました。
なので、この交差点を利用する人・車が多いと思います。

安心・安全の街になって行くことはなによりです。。。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■この角(右側)の見通しが悪い(2016年6月16日撮影)


■葛城小学校から交差点へ。右側が良く見えない(2016年6月16日撮影)


■PCデポ方面から交差点へ。左側が良く見えない(2016年6月16日撮影)


■葛城小学校側の角の内側に縁石がある(2016年6月16日撮影)


■葛城郵便局側の角の内側に側溝がある(2016年6月16日撮影)


■交差点の場所

地図はこちら
  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(2)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年04月21日

研究学園駅前公園や学園の杜公園等、研究学園周辺の大規模公園はそれぞれ個性があった!

研究学園では桜の季節も終わり、すっかり葉桜になってしましましたが・・・
ちょうど桜が満開となった週末(4/9~10)、研究学園駅前公園の桜があまりにも
きれいだったので・・・
研究学園周辺の他の大規模公園はどうなっているか、巡ってみることにしました!

<①>研究学園駅前公園
    研究学園が開発され真っ先にできた公園です。駅のすぐ東にあり、利便性が良く
    大きな公園なので、ラーメンフェスタ等数多くのイベントが開催されることでも有名
    です。当日は案山子があちこちに飾られていました。
    そして、古民家からマンション「レーベン」に至る満開の桜並木が見事でした。

<②>学園の杜公園
    イーアスの前、駅から5分程度とこちらも便利な所にある公園です。
    正面には筑波山がきれい見え、とてもロケーションがいい公園です。
    昔からある桜がたくさん残されており、満開の桜の下で多くの人がお花見を楽しん
    でいました。。

<③>学園南公園
    グランステージ近くにある公園で小高くなっています。斜面に咲く2色のシバザクラ
    がきれいでした。

<④>学園広場公園
    コストコの隣にある公園です。咲いている花はなく、文字通り広場といった感じでした。
    この隣には平成30年度に義務教育学校が開校する予定なので、子供たちが走り
    回る公園になりますね!

<⑤>葛城水辺公園
    ドンキホーテの裏にある公園で、周りが調整池なので、とてものどかで、静かに、
    ゆっくりするにはいい公園です。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■研究学園周辺の大規模な公園の場所


■<①>研究学園駅前公園




■<②>学園の杜公園




■<③>学園南公園




■<④>学園広場公園



■<⑤>葛城水辺公園



  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年03月20日

ミートコそばの葛城西線交差点に右折ラインと信号機がついた!

コストコからトライアルマートへ行く道「葛城西線」は、2015年11月に長大総合研究所裏
まで開通し、あとわずかで西大通りまでつながるところまで来ています。

ということで、交通量も徐々に増えつつあります。

そんな訳で・・・

筑波ハムからミートコの脇を通る道と、葛城西線との交差点は、優先道路が分かりずらく、
危ないなって思っていましたし、事故に直面したこともありました。。。

3/19に葛城西線を通っていて、いつもと何か違うなって気づきました!

右折ラインにあったはずのバリケードがなくなっており、まだ稼働していないものの、
交差点に信号機がついているではありませんか!?

やっと、できたかって感じです。
これからは安心して、この交差点が通過できるようになり良かったです!

★★研究学園駅前イルミネーションのアンケートにご協力ください⇒2016年3月14日のブログ
こちらからも直接アンケートへ進めます。★★研究学園駅前イルミネーション2015アンケート★★

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■交差点の手前(2016年3月19日撮影)


■交差点の手前(2016年3月12日撮影)


■交差点(2016年3月19日撮影)


■交差点(2016年3月12日撮影)


■ミートコ方面から交差点(2016年3月19日撮影)


■交差点の場所

地図はこちら



  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年01月17日

TX沿線まちづくり「中根・金田台」の奈良・平安時代の遺跡発掘調査

1/14のブログで、つくばエクスプレス沿線の新しいまちづくりとして、テクノパーク桜周辺
の「中根・金田台地区」の紹介をしました。

花室からテクノパークへ通じる道を走っていると、造成工事の中に看板を見つけたので、
車を停めて見てみました。

すると看板には埋蔵文化財発掘調査現場「九重東岡廃寺・金田西遺跡」と書いてありました。
空き地と思われたところを見てみると・・・
四角や丸のくぼみがあちこちにありました。

考古学については、全く知識がないので、少し調べてみると・・・

UR都市機構のホームページには・・・

 「他のTX沿線開発地区とは異なり、地区内で発見された古代の遺跡『金田官衙遺跡』 
  (こんだかんがいせき)が国史跡に指定されたことなどから、他のTX沿線開発地区から
  約3年遅れて、平成16年から事業がスタートしています。」
  ※官衙(かんが)とは、役所や官庁という意味があるようです。。。

そして、茨城県教育委員会のホームページ(一部抜粋)には・・・

 「つくば市金田・東岡地内に所在する金田官衙遺跡は、奈良・平安時代に営まれた
  古代常陸国河内郡の郡衙関連遺跡で、遺跡は次の3遺跡に細分される。
 
  1.正倉院(金田西坪B遺跡)

     幅約3m、深さ約1.3mの溝で区画された東西約110m,南北約310mの範囲に、
     礎石建物跡や総柱の掘立柱建物跡が確認されている。
     かつて周辺から、炭化米が出土したという記録がある。

  2.官衙地区(金田西遺跡)

     4群に分かれて品字状やL字状に配置された約100棟もの掘立柱建物跡や
     礎石建物跡、井戸、柵列等が確認されている。

  3.仏教関係施設(九重東岡廃寺跡)

     基壇建物跡や四面庇の特殊な建物跡が確認され、多数の瓦が出土している。
 
  当遺跡は、正倉院、官衙地区、仏教関係遺跡が一括して把握できるという点で貴重な
  遺跡である。郡庁、館等について、明確な建物配置を示すものではないものの、それら
  を包括すると考えられる官衙地区を構成しており、郡衙の実態を解明する上で重要な
  遺跡である。

と書いてありました。。。
1200~1300年前は、この辺り一帯の中心地だったんですね。何か不思議な感じです。

★TX沿線まちづくり「中根・金田台」の焼きかりんとう「花小路」移転の記事⇒2016年1月14日のブログ
★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のフェイスブック
★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のホームページ

■花室からテクノパーク桜へ向かう道に看板を発見(2016年1月11日撮影)


■看板に埋蔵文化財発掘調査現場「九重東岡廃寺・金田西遺跡」と書いてある(2016年1月11日撮影)


■空き地を見てみると四角や丸のくぼみがある。遺跡の向こうでは造成工事が行われている(2016年1月11日撮影)



■九重東岡廃寺・金田西遺跡の場所

地図はこちら  

Posted by グリーンの会 at 06:20Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報

2016年01月14日

TX沿線まちづくり「中根・金田台」の焼きかりんとう「花小路」移転

つくばエクスプレス沿線では、新しいまちづくりが行われています。

つくば市内のまちづくりは、研究学園駅周辺の私たちの街「研究学園 葛城地区」、
万博記念公園駅周辺の「田園都市 島名地区」、みどりの駅周辺の「つくばみどりの里地区」、
テクノパーク桜周辺の「中根・金田台地区」の4か所になります。

核となるTXの駅がなく、開発面積がもっとも小さい「中根・金田台地区」は、開発が少し遅れた
こともあり、今まであまり目立たない存在でしたが・・・
それでも、開発面積は研究学園のおよそ4割とかなり広大です。

久しぶりに花室からテクノパーク桜に通じる道を走ってみると・・・
木が切り倒され、大規模な造成工事が行われていました。

確か、『焼かりんとう』で有名な菓寮「花小路つくば店」があったなあと思いよく見ると・・・
「花小路」は開発区域内にあったため、2015年10月1日に道路を挟んだ向かい側、
開発区域外へ移転したことが分かりました。

2007年10月にオープンした「花小路」へは、焼かりんとうやゴーフレットを買いに何度か
行ったことがあり、林に囲まれ風情がありいい感じだなあと思っていましたが、
あまりの変わりようにびっくりしました!
ちなみに、新店舗はトレーラーハウスのようなものだったので、これにも驚きました。

造成工事の中で、遺跡発掘調査が行われているのを見つけました、こちらも近日中にお送りする予定です。

<つくばエクスプレス沿線のまちづくりの概要>

 ・研究学園 葛城地区 (研究学園駅周辺)
  約484.7ha、開発期間は平成12年度~平成30年度、計画人口は約25,000人

 ・田園都市 島名地区 (万博記念公園駅周辺)
  約242.9ha、開発期間は平成12年度~平成41年度、計画人口は約15,000人

 ・つくばみどりの里地区 (みどりの駅周辺)
  約292.7ha、開発期間は平成12年度~平成30年度、計画人口は約21,000人

 ・中根・金田台地区 (テクノパーク桜周辺)
  約189.9ha、開発期間は平成16年度~平成33年度、計画人口は約8,000人

★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のフェイスブック
★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のホームページ

■菓寮「花小路つくば店」の新店舗(2016年1月11日撮影)


■新店舗の道を挟んだ向かいが旧店舗の場所。林も何もない!(2016年1月11日撮影)


■花室交差点からテクノパーク桜へ通じる道沿いで大規模な造成工事が行われている(2016年1月11日撮影)


■菓寮「花小路つくば店」の場所

地図はこちら
  

2016年01月03日

圏央道、茨城県内「境古河IC」から関越道が接続し30分も短縮!

昨年(2015年)、圏央道が3/29に東北道の久喜白岡JCTから境古河IIC間が開通、
および、10/31に桶川北本ICから白岡菖蒲IC間が開通したことにより、
茨城県の西の端ですが、圏央道の境古河IICを乗り、東北道、関越道、中央道、さらには
東名高速まで一本で行くことができるようになりました!

私は今まで、信州方面に出かける際は、佐野藤岡ICまで下道を走り、佐野藤岡ICから
東北道を少し下り、北関東道、関越道、上信越道のルートを通っていました。

10/31の圏央道開通を受け、今回初めて境古河ICから圏央道、関越道、上信越道の
ルートを通ってみることにしました!

研究学園から佐野藤岡ICまでおよそ65km、1時間40分余り。
一方、研究学園から境古河ICまでおよそ30km、50分余りと、下道が半分以下なのは、
時間的にも、気持ち的にもずいぶん違います。

高速道路の距離が30km程度長くなりましたが、
結果的には、目的地へ30分程度早く着くことができました!

つくば中央ICまでつながると、最終的に1時間程度早く着くのではと期待が膨らみます!

しかしながら・・・
料金は圏央道を使った方がいくぶんか高いようでした。

料金面と4車線化の課題が何とかならないかなって思っていますが・・
早期開通を期待しています!

★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のフェイスブック
★研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のホームページ

■境古河ICへの交差点<助手席より撮影>(2015年12月31日撮影)


■境古河IC<助手席より>(2015年12月31日撮影)



■境古河ICの隣のごか五霞IC付近<助手席より>(2015年12月31日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 06:00Comments(0)インフラ(道路・鉄道等)地域情報