アクセスカウンタ
プロフィール
グリーンの会
平成24年、つくば都市交通センターが主導する形で、コミュニティーサークルの研究学園グリーンネックレスが立ち上がり、タウンの会(平成28年からアートの会が独立)、カルチャーの会、グリーンの会が発足しました。

私たちグリーンの会は、現在会員が10~70代の19名。定年後第二2の人生を謳歌しているご夫婦、お母さんと小学生の親子、OL等とバラエティに富んでおり、花植え後のお茶や一杯等、こちらも花が咲いています。興味をお持ちの方はぜひ私たちと一緒に活動しませんか!?

フェイスブック https://m.facebook.com/kenkyugakuen
メールアドレス kenkyugakuen.green@gmail.com

<主な活動>

・駅周辺の花壇づくり(ホテルベストランド前花壇、ホテル東横イン花壇等)
・花とみどりで彩る“まちなみ”づくりセミナー開催
・研究学園イルミネーションへの参加(ハンギングバスケット、寄せ植え設置)
・グリーンネックレス・タウンの会、アートの会、カルチャーの会への支援(トワイライト音楽祭等)
・野菜作り(ジャガイモやサツマイモ等)、今後、果樹作り(ブルーベリー)にも挑戦する予定です。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE
最近のコメント

TX開通後の研究学園の移り変わりの写真満載 !! 「グリーンの会インスタグラム」 Instagram>>>グリーンの会インスタグラム

にほんブログ村「つくば情報ブログランキング」>>>つくば情報ブログランキング

人気ブログランキング「つくば市ブログランキング」>>>つくば市ブログランキング

2017年01月19日

【さようなら!ポンパドウル第4弾】ポンパドウルは年中花咲く素敵な花壇!でも・・・

1/15のブログで、1/31にポンパドウルが閉店することをお伝えしました。
「ありがとう」そして「さようなら」の気持ちを込め、ポンパドウルに関する特集をお送りしたい
と思います。

第4弾は・・・   
園芸ソムリエが手掛けた 「ポンパドウル駐車場花壇は一年中花咲く素敵な花壇!でも・・・」
です!

新しくできたこの街「研究学園」を花が溢れる魅力的な街、子供達が誇れる「ふるさと」にしよう
との思いで、グリーンの会が生まれました。

花のことなど、ほとんど知らない私たちを一から指導してくれたのが、園芸ソムリエ「三浦香澄」
先生でした。
そして、三浦先生指導の下、私たちが手掛けた第一号花壇が、まぎれもない
この「ポンパドウル駐車場」の花壇でした。

一年中花が絶えない花壇を作ろうと、三浦先生が選んでくれた花を植え、時には、街ゆく人が
足をとめ写真を撮っている姿もありました。。。

ところが、交通量が増え車の往来が激しくなったこともあり、グリーンの会のブログへ「交差点角
の花で見通しが悪くて困る」とのコメントをいただきポンパドウルのオーナーさんと協議の結果・・・
三浦先生に、こんもり茂り、太くなった「ブットレア」を根元から切っていただき、「ローズマリー」
をすいていただいたうえで、オーナーさんへ、花壇をお返しすることになりました。

私たちとって、思いが詰まっている花壇です。
私有地と言えど、公共花壇の意味合いが強い場所。
魅力的な街にしたいとの思い活動している私たちにとって、いろいろ考えさせられる花壇でも
ありました。

次回、第5弾は「ポンパドウル前の歩道花壇はグリーンの会が里親です!」をお送りします。

※当ブログでは「さようなら」の気持ちを込め、特集を始めましたが、ご紹介したい写真
 がたくさんあるので、1/18からのフェイスブックで、
 9回に渡り連載しています。

■園芸ソムリエ「三浦香澄先生」による街並みづくりセミナー(2015年5月30日撮影)


■グリーンの会の花の世話(2015年7月11日撮影)


■ポンパドウル花壇(2016年5月7日撮影)


■「見通しが悪くて困る」とのコメントを受けオーナーと対応を協議(2016年6月4日撮影)


■こんもりなった枝を切ったうえで、オーナーへ花壇返却(2016年6月4日撮影)

  

2017年01月18日

【さようなら!ポンパドウル第3弾】ポンパドウルのオープンは大行列!

1/15のブログで、1/31にポンパドウルが閉店することをお伝えしました。
「ありがとう」そして「さようなら」の気持ちを込め、ポンパドウルに関する特集をお送り
したいと思います。

第3弾は・・・   
住民が待ち望んだ 「横浜生まれのポンパドウル開店」 です!

ポンパドウルの前身「ブーランジェリーグランメゾン」は、研究学園に、ほとんどお店がない
時代にいち早く出店し、とても人気があるパン屋さんでした。

しかし、経営母体の倒産で、オープンしてから1年後の2007年夏に閉店してしまいました。
2008年10月のイーアスオープンをさかのぼること、一年2ヶ月。この頃、研究学園には、
住宅関連のお店ばかりで、普段行くようなお店はほとんどありませんでした。

住民が待ち望んだパン屋さん「ポンパドウル」が、グランメゾン閉店後から5ヶ月経ってやっと
オープンしました。
ポンパドウルオープン日(2008年2月23日)には、多くのお客さんが行列を作っていました!

写真は、2008年2月、グランメゾンの看板が取り外された時からオープンまでの様子です。

この頃、ようやくイーアスつくばやパークハウスの建設が始まったばかり、大きなクレーン
が印象的です。とても感慨深い思いでいっぱいです!

次回、第4弾はポンパドウルは一年中花が咲き誇る素敵なお店をお送りします。

※当ブログでは「さようなら」の気持ちを込め、特集を始めましたが、ご紹介したい写真
 がたくさんあるので、1/18からのフェイスブックで、
 9回に渡り連載したいと思います。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■ブーランジェリーグランメゾンの看板が消えた!(2008年2月8日撮影)


■ポンパドウルの看板が取り付けられた。後ろでパークハウスの建設が始まった!(2008年2月16日撮影)


■ポンパドウルの看板が取り付けられた。後ろでイーアスの建設が始まった!(2008年2月16日撮影)


■ポンパドウルオープンの張り紙(2008年2月16日撮影)


■ポンパドウルオープン。待ち望んだ人の長い行列ができた!(2008年2月23日撮影)


  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)研究学園情報(話題等)地域情報

2017年01月17日

【さようなら!ポンパドウル第2弾】ポンパドウルの前身も素敵なパン屋さん!

1/15のブログで、1/31にポンパドウルが閉店することをお伝えしました。
「ありがとう」そして「さようなら」の気持ちを込め、ポンパドウルに関する特集をお送り
したいと思います。

第2弾は・・・   
研究学園が生まれいち早く出店 「ポンパドウルの前身も素敵なパン屋さん」 です!

ポンパドウルつくば店は2008年2月23日にオープンし、9年の歴史に幕を下ろそう
としています。
このポンパドウルの建物ですが・・・
ポンパドウルの前身も「ブーランジェリーグランメゾン」と言う名のおしゃれで素敵な
パン屋さんでした。

研究学園地区で、食品を扱うお店として、もっとも早くオープンしたのが「とりせん」で
すが、それから、1か月程(2006年7月26日)後ににオープンしたのが、グランメゾン
でした。
このパン屋さんも、現ポンパドウル同様、賑わっていたのですが、経営母体の倒産で、
オープンから1年余り(2007年夏)で閉店してしまいました。

写真は、グランメゾン建設中(2006年6月)の時代から、閉店直後の2007年9月)
の様子です。

次回、第3弾はポンパドウルオープンまでの足取りをお送りします。

※当ブログでは「さようなら」の気持ちを込め、特集を始めましたが、ご紹介したい写真
 がたくさんあるので、1/18からのフェイスブックで、
 9回に渡り連載したいと思います。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■ブーランジェリーグランメゾン建設(2006年6月4日撮影)


■ブーランジェリーグランメゾン建設(2006年7月8日撮影)


■ブーランジェリーグランメゾンオープン直後の様子(2006年7月29日撮影)


■ブーランジェリーグランメゾンオープンから4ヶ月後の様子(2006年11月18日撮影)


■ブーランジェリーグランメゾン閉店後の様子(2007年9月17日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)研究学園情報(話題等)地域情報

2017年01月16日

【さようなら!ポンパドウル第1弾】最後に食べておきたいパンは!?

昨日(1/15)のブログで、1/31にポンパドウルが閉店することをお伝えしました。
「ありがとう」そして「さようなら」の気持ちを込め、ポンパドウルに関する特集をお送り
したいと思います。

第1弾は・・・   
閉店まで後2週間あまり  「いま食べておきたいパン」  です。

1/14、マネージャーの渡邊さんから、おすすめのパンをお聞きました!

 ペストリー部門    人気BEST1 「横須賀海軍カレーパン」
 サンドウィッチ部門  人気BEST1 「フランクフルトドッグ」
 ドーナツ部門     人気BEST1  「チョコドーナツ」

の他に・・・

「紅玉りんごのベーグル」は特におすすめしたいとのことでした。
なんでも、ベーグルの中には、焼きりんごとクリームチーズがたくさん入っていて、
自信作とのことでした。

また、干支パン「とりのパン」もかわいくて、おすすめとのことでした。
ちなみに、このパンは、見た目にかわいいばかりか、中にこしあん、チョコクリーム、
カスタードが入った3色パンです。

もう食べられなくなると思うと・・・
マネージャーおすすめの「紅玉りんごのベーグル」、「とりのパン」、さらに・・・
「横須賀海軍カレーパン」、「フランクフルトドッグ」、「ミニパンセット」と我が家の昼食
としては、買いすぎてしまいました。。。

マネージャーのおすすめだけあって「紅玉りんごのベーグル」はクリームチーズ
たっぷりの大人好みのとてもおいしいパンでした。

第2弾は、「ポンパドウルの前身も素敵なパン屋さん」をお送りする予定です。

※当ブログでは「さようなら」の気持ちを込め、特集を始めましたが、ご紹介したい写真
 がたくさんあるので、1/18からのフェイスブックで、
 9回に渡り連載したいと思います。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■ポンパドウル(2017年1月14日撮影)




■ポンパドウルの店内(2017年1月14日撮影)


■マネージャーおすすめの「紅玉りんごのベーグル」


■マネージャーおすすめの「とりのパン」


■上:ミニパンセット540円、中左:とりのパン216円、中右:紅玉りんごのベーグル194円、
 下左:横須賀海軍カレーパン216円、下右:フランクフルトドッグ324円、〆て1490円也(税込み)

  
タグ :パン屋さん

2017年01月15日

【悲報】1/31ポンパドウルが残念ながら閉店する!

1/13、ブログ読者の方から
「本日、ポンパドウルを訪れたら、入口に『閉店』の張り紙がありました。」と耳を疑いたく
なるようなメールをいただき、翌朝(1/14)確認しに行くと・・・

お店のドアに「閉店のお知らせ」の張り紙があり、1/31をもって閉店するとの記載があり
ました。

たまたま、開店準備のため、テラスで椅子を並べていたマネージャーの「渡邊」さんにお話
を聞くことができました。
 「職人不足が根底にあり、経営者が判断したようです。
  このお店のオーナーは、今後、他のパン屋さんを誘致したいとの考えがあるようです。」
と、悲しそうに話してくれたのがとても印象的でした。

ちなみに、ポンパドウルは1969年横浜元町で開業し、現在、東北から九州まで83店舗を
展開するほどの大きなベーカリーチェーンです。

駅周辺には、居酒屋さんや、住宅関連の店舗が増える一方なので、ポンパドウルは、
街の賑わいをもたらす、そして、研究学園のイメージアップに欠かせない存在だと思って
いましたので、個人的にもとてもショックです!

さらに、グリーンの会にとってもとても残念なニュースです!
というのも・・・
今はオーナーへお返ししましたが、
ポンパドウル駐車場の片隅ある花壇が、私たちグリーンの会が手掛けた第一号花壇でした。
また、ポンパドウル前の歩道の花壇は現在も私たちが花壇整備をしており、
たまにポンパドウルのテラスでお茶をすることもありました。
ポンパドウルには親近感を感じていたので、残念でなりません。

張り紙にはオーナーの悲しい気持ちが綴られていましたのでご紹介いたします。

 「謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  さて、別記の通り、突然ではございますが平成20年開店以来9年余に渡りお引き立て
  いただきました当店を今月末をもちまして閉店することとなりました。
  これまで皆様の温かいご支援をいただきながら、誠に勝手で申し訳ございません。
  働き手の不足が主な原因ですが、その他諸般の事情により会社が決定した方針を受け
  入れざるを得ず、このような結果となりましたことを、何卒ご了承くださいますようお願い
  申し上げます。
  これまで賜りました皆様の永年にわたるご愛顧を、心から感謝申し上げます。
  本当にありがとうございました。
  感謝の想いを最後までお伝えしたいので、どうか優しいお言葉を掛けないでください。
  涙でお客様が見えなくなってしまいます。
  略儀ながら、書面にてご挨拶申し上げます。
  平成29年1月10日 つくば店マネージャー 渡邊義則」

マネージャーの感謝の気持ちと、悲しみ気持ちが十分伝わるメッセージです。
最後までポンパドウルを応援し・見届けたいと思います。

※近日中に「ありがとう」そして「さようなら」の気持ちを込め、当ブログやフェイスブックで、
 ポンパドウルと花のある風景、ポンパドウルの昔などポンパドウルに関する特集を
 組みたいと思います。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■ポンパドウル(2017年1月14日撮影)


■1/31閉店の張り紙(2017年1月14日撮影)



■悲しさに堪え開店準備をするマネージャー(2017年1月14日撮影)

  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(2)研究学園情報(話題等)地域情報

2017年01月14日

【今昔39】研究学園交差点から研究学園中心部の変化の様子!

今昔シリーズ第39弾 「研究学園交差点から研究学園中心部の変化の様子!」

今回の今昔シリーズは、研究学園交差点から研究学園中心部、駅方面の変化の
様子です!
研究学園交差点とは、研究学園を東西に貫く「新都市中央通り」と、
南北に貫く「境松西平塚線」が交差する交差点で、
北西角にイーアス、南西角にとりせん、北東角に水戸信用金庫がある、
研究学園でもっとも大きな交差点です。

<昔>の写真は2006年1月8日に撮影したものです。
    つくばエクスプレスが開業した2005年8月24日から、4ヶ月余りが経った
    頃の様子です。
    10月に開催された「つくばスタイルフェスタ2005」が終わったばかりで、
    駅からこの交差点を通り、メイン会場である現在の水戸信用金庫・戸建て
    住宅地(ネオシスタウン)へと繋がっていました。
    また、とりせん側には、フットサルコートまでありましたが、この写真を見る限
    りでは、すでに取り壊されたようです。。。
  
<今>の写真は2016年12月24日です。
    十年一昔とは良く言ったもので・・・
    何もなかった場所が、今やビル群が立ち並ぶ別世界になりました!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■<今>2016年12月24日撮影


■<昔>2006年1月8日撮影


■撮影場所

  
タグ :今昔

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)地域情報研究学園今昔(写真2枚)

2017年01月13日

「みつお万寿」に餡子を使っていない和菓子もあった!

子供がお饅頭を食べたいというので、久しぶりにみつお万寿松代店へ買いに行く
ことにしました。

しかし、二人いる子供のうち一人が餡子が苦手で食べられません。
店員さんに、餡子が入っていない和菓子があるか聞いてみると・・・

クリーム大福のチョコクリームとチョコバナナはまったく餡子を使っていないとのこと、
何とかケンカにならずにすみました。。。

ちなみに、みつお万寿のクリーム大福の種類はというと・・・
よもぎ、コーヒー、黒ゴマ、カスタード、生クリーム、うめ、むらさきいも、いちご、
抹茶、チョコクリーム、チョコバナナと11種類あり、
前回買いに来た夏(2016年7月23日)には無かった、よもぎ、うめ、むらさきいも、
チョコバナナ等が増えていました。
そして、ブルーベリー、わらび、メロン、マンゴーがありませんでした。。。
やはり、季節的なものもあるのでしょうか・・・??

このお店で売られている和菓子は小美玉市の本店から持ってくるのか、お店の人に
聞いたところ、工場で作られた物を、この松代店で蒸かし、包装しているとのことでした。
なので、フワフワのあったかなお饅頭だったんですね!
また、今月のおすすめとして、ショーケースに並べられたフルーツイチゴ大福も工場
で作られた大福に、このお店でイチゴを挟んでいるとのことでした。
でも、花室店の方が売り場が大きいので、松代店では扱っていないおこわ等もあるとの
ことでした。

フルーツイチゴ大福は、とてもおいしそうでそそられましたが、今回は、饅頭と、餡子
がだめな子供のために、チョコクリームのクリーム大福を買うことにしました!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■みつお万寿松代店(2017年1月8日撮影)


■みつお万寿の店内の様子(2017年1月8日撮影)


■ショーケースにはクリーム大福。種類が豊富だ(2017年1月8日撮影)


■おいしそうなフルーツイチゴ大福(2017年1月8日撮影)


■右下:クリーム大福(チョコクリーム)、以外黒糖まんじゅう67円×3
 〆て301円也(税抜き)


■みつお万寿つくば松代店の場所

地図はこちら

  

2017年01月12日

可愛いくて華やかな御膳はいかが「鮨・ダイニング天龍本店」(つくば都市交通CのHPより)

12/28、つくば都市交通センターのホームページに『つくばぐるめ Vol.51』がアップ
されました!

今回、つくば都市交通センターの舌の肥えた『女視プロ』が紹介するのは・・・
つくば市小野崎にある『鮨・ダイニング 天龍本店 学園店』です!

このお店は古くからあるし、土浦学園線沿いにあるので、お店自体は知っていましたが、
行ったことがありません。
とりあえず、お店の写真を撮りに行こうと思い、1/8天龍本店に行くと・・・
お祝い事でしょうか・・??
晴れ着姿の若い女性とおばあちゃん、両親がワンボックスカーから降りてきました。
そして、お店の入口で写真を撮っていました。

つくばぐるめに・・・

 「最大100名様まで入れるお座敷は、特別な日のご会食や、慶事、法事、新年会
  にもぴったりです。」

とあるように、家族で、娘さんの成人式を祝うのでしょうか・・・
それとも新年会をするのでしょうか??

それにしても・・・
つくばぐるめの花かごランチは見た目もきれいでかわいくて、とても華やかです!
ちょっとずつ、つまみたい人、女性には持って来いのランチですね。。。

★つくば都市交通センターのホームページ
※『つくばぐるめ』掲載ついて、つくば都市交通センターの了解済です。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■<1ページ目>つくばぐるめVol.51


■<2ページ目>つくばぐるめVol.52


■鮨・ダイニング 天龍本店 学園店(2017年1月8日撮影)



■入口で晴れ着姿の女性の写真を撮っていた(2017年1月8日撮影)


■鮨・ダイニング 天龍本店 学園店の場所

地図はこちら
  

2017年01月11日

研究学園周辺のお店建設ラッシュ!その後の進捗状況は??(第30弾)

お店建設ラッシュシリーズ 第30弾! 

12/29のブログで、12/25時点の研究学園周辺のお店の建設状況を
「お店建設ラッシュ第29弾」としてお送りしましたが、それから2週間後の状況を
お送りします。

☆1件目は、研究学園駅近く、ネッツトヨタ裏に建設中の店舗付共同住宅です。
 5階建ての店舗付マンションです。外側がシートで包まれていますが、
 隙間および裏側から見る限りでは、外装工事がかなり進んでおり、間もなく
 シートが取り外される予感がします。
 
☆2件目は、フルーツショップ青木の隣、坂東太郎研究学園総本店の前に建設中
 のイエローハットです。
 鉄骨2階建てのかなり大きな建物です。
 ネットで調べると3/8オープンで、店舗面積1432㎡とありました。。。
 (信憑性があるかは?です)

☆3件目は、学園の森西交差点の南西角に建設中のスポプラネクストです。
 現在、鉄骨工事中です。三角屋根が並ぶ特徴的な形が現れました。
 2017年6月オープンに向け着々と進んでいます。

<研究学園周辺のお店建設ラッシュ!の今までのブログ>

 ★研究学園周辺のお店建設ラッシュ!(第29弾)⇒2016年12月29日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■<1件目>ネッツトヨタ裏の5階建て店舗付共同住宅(2017年1月8日撮影)



■<2件目>フルーツショップ青木隣のイエローハット(2017年1月8日撮影)


■<3件目>学園の森西交差点の南西角に建設中のスポプラネクスト(2017年1月8日撮影)

  

2017年01月10日

学園の森に建設中のスーパータイヨー4/11オープンか!?

当ブログの建設ラッシュシリーズで、少し前まで、学園の森2丁目に大和ハウスが
建設していたPJB棟を取り上げました。
そのPJB棟は、大手学習塾「茨進」になったことはすでにお伝えした通りです。
しかし、結局PJB棟の意味は分からずじまいでした。。。

このPJB棟「茨進」から一区画隔てた南側で、スーパータイヨーの建設工事が進めら
れており、基礎工事が終わり、ついに建物本体の鉄骨が組みあがりました!

このスーパータイヨーは、いつオープンするのか?と思いネットで調べていると・・・

 タイヨー研究学園C53街区PJ A棟
 2017年4月11日オープン予定
 店舗面積 1938㎡
 駐車場 124台

と書いてありました。(信頼できるサイトか?です。。。)

結局PJB棟のPJとは、プロジェクトのようなので・・・

 C53街区PJのA棟がスーパータイヨーで、
 C53街区PJのB棟が茨進だったんですね。。。

やっと謎が解け、すっきりしました。

後3か月、暖かな春を迎える頃、スーパータイヨーがオープンしますね。
ちなみに、とりせん研究学園店の平成17年度大規模小売店舗立地法の届出を見
ると店舗面積は2362㎡とありました。
なので、とりせんより一回り小さいようです。。。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■スーパータイヨーの建設状況(2017年1月8日撮影)


■茨進側からスーパータイヨー(2017年1月8日撮影)


■スーパータイヨーができる場所

地図はこちら
  

2017年01月09日

ボランティアフェスタで五十嵐市長、市原前市長が揃って挨拶した!

1/7、「イーアスつくば」でボランティアフェスタ2017が開催されました!
ボランティアフェスタとは、つくばボランティアセンターに登録しているボランティア団体
および個人の方による活動紹介のイベントで、今回は40団体が参加しました。

内訳は・・・
日頃のボランティア活動をパネル等で発表する「展示・販売ゾーン」が私たちを含め
20団体、手話、点字、グラウンドゴルフ等を体験できる「体験ゾーン」が10団体、
日頃練習を積み重ねてきた唄や踊りを披露する「活動発表ゾーン」が10団体でした。

開会式の様子を少し掘り下げてお送りします。。。

最初の挨拶はというと・・・
市原前市長がでてきたのには、びっくり!
つくば市社会福祉協議会会長として挨拶をしていました。。。

挨拶を要約すると・・・

 「ボランティアフェスタは今年で8回目、当初は狭い場所で開催していたが、一昨年
  (6回目)からイーアスつくばの協力を得て、場所を移し開催している。
  ボランティアフェスタの目的は、ボランティア団体が交流し、また、多くの市民に知っ
  ていただくことである。
  茨城県内のボランティア活動はつくば市が最も盛んで、凡そ170団体、6000名が
  ボランティア活動に取り組んでいる。
  つくば市は東日本大震災、その翌年の竜巻被害に遭遇したが、ボランティア団体が」
  復旧・復興に向け大きな力になった。
  これらの教訓をもとに、もっと多くの人にボランティアとして、街づくりに協力してもら
  いたい。そのためにも、つくば市社会福祉協議会は全面的に支援する。
  ますます進む少子高齢化時代に向けて、皆さんと一緒になって、素晴らしい街つくば
  を作っていきたい。」

続いて、挨拶をした五十嵐市長は・・・

  「私が目指しているつくばのビジョンを一言で表すと・・・
   『世界の明日が見える街』
   少子高齢化をはじめとして、いろいろな問題があるが、答えを見出している自治体は
   世界中のどこにも無い。だからこそ、『つくばを見ればヒントの糸口がある。なぜなら
   市民が知恵を出し、汗をかきながらそれらの問題解決に向けて動いており、市民が
   幸せに暮らしている。』 そんな街を目指したいと考えている。
   まさに主役は今日来ているボランティア団体の皆さんである。
   もう行政だけで何かできる時代は終わった。これから行政がやらなくてはならないこと
   は、皆さんのような方々が活躍できる環境をどれだけ整えるられるかである。
   今日は高校生から人生の先輩まで、いろいろな世代の方が多様な形で参加している。
   この多様性こそが、つくばの魅力である。これだけ多様な団体があるからこそ、市内
   の様々なところで課題を抱えている方をサポートしたり、前向きなアイデアを出してい
   くことができる。
   これからも我々行政は脇役であり、皆さんが主役となって、このつくばをもっともっと
   いい街にしていくよう力を貸してもらいたい、」

私たちも、まずは研究学園の街づくりに力を注ぎたいと思います!!
なお、ボランティアフェスタの様子は1/9~14のフェイスブックでも紹介します。
(写真もたくさん投稿します!)

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■開会式の社会福祉協議会市原会長挨拶(2017年1月7日撮影)


■開会式の五十嵐市長挨拶(2017年1月7日撮影)


■開会式の記念撮影(2017年1月7日撮影)


■展示・販売ゾーンの研究学園グリーンネックレスのブース(2017年1月7日撮影)


■展示・販売ゾーン(2017年1月7日撮影)


■体験ゾーンのグラウンドゴルフ体験(2017年1月7日撮影)


■活動発表ゾーンのウクレレ演奏(2017年1月7日撮影)

  

2017年01月08日

学園の森「カスミ」「コーナン」前に「児童クラブ?」ができる!

12/19、学園の森一丁目、美容室「idea」の隣、ウェルシア前に太陽光発電の
「タイショーつくば支店」がオープンしました!

そして、その北側でも、工事が行われており、基礎工事が終わったようです。。。
建築計画の看板も無いので、どんな用途か分かりません。。。
沿道沿いということ、また、建物の作りから見て、お店かな?
って勝手に想像していましたが・・・

工事現場に積まれていた、材木に貼られていた貼り紙を見てみると・・・
「児童クラブ」と書いてありました。

ここから葛城北部学園が近いため、放課後一時預かりする施設なのでしょうか???

ちにみに児童クラブとは、保護者の就労などにより,昼間,保護者が家庭にいない
児童(小学生)を対象に、放課後、児童館や専用施設などにおいて、遊びや生活の
場を提供するもので、行政のみならず、 民間(社会福祉法人、父母会、運営委員会、
NPO法人等)が運営するケースもあるようです。

この葛城西線には、現在、スーパーマーケットをはじめ、スポーツクラブ、学習塾、
モデルハウス等いろいろな形態の建物・店舗等ができており、本当に目が離せま
せん。
次に何ができるか考えるとワクワクします!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■太陽光発電の「タイショーつくば支店」の北側で工事が行われている(2017年1月7日撮影)


■基礎工事が終わり、これから建物本体の工事が始まるもよう(2017年1月7日撮影)



■工事現場に積まれた材木に貼り紙が!(2017年1月7日撮影)


■「児童クラブ」と書いてある!(2017年1月7日撮影)


■児童クラブ?ができる場所

地図はこちら
  

2017年01月07日

八海山の希少な「麹だけでつくったあまさけ」土浦鈴木屋でゲット!

12/30のブログで紹介したとおり、12/29に土浦鈴木屋へ帰省土産の
ワインや日本酒を買いにいきました。

お金を払う段階になり、レジ横に置いてある甘酒が目に留まりました。

ラベルを良く見ると、アルファベットで小さく「HAKKAISAN」と書いてあった
ので、「あの日本酒で有名な八海山と関係ありますか?」
と、お店の人に聞くと・・・

八海山の特約店なので、日本酒以外に甘酒もおいてあるとのことでした。。。

そうと聞くと、ただの甘酒ではないと思い・・・
欲しくなり、買って帰ることに・・・

早速、自宅に帰って飲んでみると、クリーミーでまろやかな口当たり、とても
上品でおいしい甘酒でした!

ネットで八海醸造のホームページを見ると・・・

 「甘酒 麹だけでつくったあまさけ 酒造りで培った技術で麹をコントロールし
  すっきりとした上品な味わいに仕上げました。 砂糖を一切使わずに、
  麹のでんぷんを糖化させることで優しい甘さを引き出した「あ まさけ」です。
  酒づくりの技術を活かした高精白の米からつくる麹が、雑味のない
  すっきりとした味わいを醸し出します。よい麹づくりに特別なこだわりを持つ
  八海山 ならではの、上品な仕上がりとなりました。江戸時代には暑気払い
  の飲みものとして 親しまれた甘酒。温めるだけでなく、きりりと冷やして
  お飲みください。825g 800円 118g 190円」

とあり、さらに

 「麹だけでつくったあまさけ」品薄状態についてのお詫び」として・・・
 「弊社が製造・販売しております『麹だけでつくったあまさけ』が、予測をはるか
  に上回るご好評を頂き、 現在、製造が間に合わない状況となっております。
  お客様やお取引先様に多大なるご迷惑とご不便を おかけしておりますことを、
  心より深くお詫び申し上げます。
  当該商品の安定供給を確保すべく、現在新たなあまさけ製造所を増設中です。
  さらなる増産体制に取り組むべく、2017年6月より稼動予定となっております。
  弊社では、お客様やお取引先様にご迷惑をおかけしております事態を真摯に
  受けとめ、 一刻も早くご期待にお応えできるよう鋭意取り組んでいる所で
  ございます。誠に恐れ入りますが、何卒ご理解の上、今しばらくお待ちいただけ
  ますよう、 謹んでお願い申し上げます。

と丁重なお詫びの言葉が添えられていました。
品薄状態の貴重な甘酒を手に入れることができてラッキーでした。。。

★帰省土産で鈴木屋でワイン・日本酒を買ったとの記事⇒2016年12月30日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■土浦鈴木屋(2016年12月29日撮影)


■八海醸造の「麹だけでつくったあまさけ」(2016年12月29日撮影)


■麹だけでつくったあまさけ」の裏ラベル


■土浦鈴木屋の場所

地図はこちら
  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)グルメ情報商店(花屋、酒屋等)

2017年01月06日

イーアスにて開催「ボランティアフェスタ」で放映する映像紹介です!

昨日(1/5)のブログで、1/7にイーアスでボランティアフェスタ2017が開催
され、私たち研究学園グリーネックレスも参加することをお伝えしました。

そして、昨日は、掲載するポスターを紹介しましたが・・・
今回は、ボランティアフェスタで流す映像をご紹介します。

映像は、何種類か用意しています。

 ・私たちの活動の様子
 ・研究学園周辺の花壇
 ・研究学園の昔と今の写真
 ・研究学園の昔の映像    等です。

今昔については、このブログでも連載し、紹介していますが・・・
今回新たに作成したもの、今まで紹介したものも、現在の写真を直近に差替え
る等リニューアルしたものがほとんどです。
ちなみに、駅南の調整池からマンション群、学園の森テーダ松等の今昔を紹介
しています。

是非、1/7、イーアスの展示・販売コーナーで掲示してある、私たちのブースを
ご覧ください。

★ボランティアフェスタ2017の案内記事⇒2017年1月5日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■研究学園の昔と今の写真(オープニング)


■研究学園の昔と今の写真(駅前ロータリー)


■研究学園の昔と今の写真(調整池からマンション群)


■研究学園周辺花壇の映像(オープニング)

  

2017年01月05日

1/7イーアスでボランティアフェスタが開催される!

1/7、イーアスでボランティアフェスタ2017が開催されます!
ボランティアフェスタとは、つくばボランティアセンターに登録しているボランティア
団体および個人の方による活動紹介のイベントで、今回は40団体、1個人が参
加する予定です。

ちなみに、会場は目的別に・・・
 ステージ発表が、イーアス1階センターコート、
 展示・販売コーナーが、2階サイバーダインスタジオ前およびその近くの廊下で、
 体験コーナーがイーアスホールで開催される予定です。。。

・ステージ発表は・・・
 よさこいソーラン、筑波山ガマの油売り口上、シャボン玉ショー、オカリナ等

・展示・販売コーナーが・・・
 20団体による活動紹介、ポスターや写真展示、手作り品の販売、バザー等

・体験コーナーが・・・
 手話、展示、パソコン、折り紙、竹細工、国際交流アート、科学工作等

等と、見て、実際やってみて楽しめるイベントです。。。

このボランティアフェスタには、研究学園グリーネックレスも展示・販売コーナー
へ、ポスター等を掲示し、活動紹介を行う予定です。

そして、私たちグリーンの会では・・・
ボランティアフェスタのために、ポスターに加え、花壇や研究学園の今昔の映像
を作成しました!

今回のブログは、私たちの掲載するポスターをご紹介します。
そして、明日(1/6)のブログでは、ボランティアフェスタで放映する映像をご紹介
したいと思います。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■ボランティアフェスタの案内(つくばボランティアセンターのフェイスブック)


■グリーンの会のポスター
  

2017年01月04日

つくばのことなら何でもわかるサイト。云わば「つくばのデータベース」発見!

研究学園で初詣するには・・・   ということで、
去年は研究学園周辺の神社12か所を巡ってみました。
この様子は2016年1月4日のブログへ掲載しましたので、ご参照ください。

故郷で初詣を済ませてきたものの、やっぱり地元でもと思い、
1/3、研究学園の鎮守様ともいえる苅間辻近くにある八坂神社に行くことに
しました。
もう3日なので、それほどではありませんが、それでも、次から次へと参拝者
がやってきていました。

そして、少し云われはどうなっているかな?と思い、ネットで調べてみると・・・

「つくば新聞」という、つくば市内の神社が150カ所以上も写真付きで載っている
サイトを見つけました。
 これには驚きました!

そして、このサイトには神社仏閣のみならず、つくば市のいろいろなことが詳しく
網羅されています。
例えば、桜の名所、紅葉の名所、お祭り・イベント、文化施設、商業施設等々・・・

とてもお役に立ちそうなサイトです!
云わば「つくばのデータベース」とも言えるすごいサイトです。
皆さまも是非参考にされればと思います。。。

★研究学園周辺の神社を巡った記事⇒2016年1月4日のブログ
★つくば新聞

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■八坂神社(2017年1月3日撮影)


■八坂神社境内に鹿島神社もあった!(2017年1月3日撮影)


■八坂神社(苅間)の場所

地図はこちら



  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)研究学園情報(話題等)地域情報

2017年01月03日

てんとう虫がついた花束を! 「ウィズガーデン」

昨年、てんとう虫がついた「ウィズガーデン」の花束を紹介しました・・・

12月下旬、花束をあげる機会があり、ウィズガーデンで買うことにしました。
花束と言っても、ちょっとしたお礼なので、1000円と安価なものです。

ちなみに、ウィズガーデンは、イーアスの入口にあるお花屋さんですが、
私たちグリーネックレスでも、お花を購入したり、ハンギングバスケットの講習
会を開いてもらうなど、お世話になっているお花屋さんです。

このウィズガーデンで花束を買うと、小さくてかわいい木製の「てんとう虫」が
ついてきます。
このてんとう虫をつける理由は? と以前店長に聞いたところ・・・
「フランスでは、てんとう虫は幸せを運んでくると言われているため、お花を贈
る方、贈られる方に幸せが運ばれますように! との思いからつけている」
とのことでした。。。

今回は、赤系統のちょっと華やかなものをお願いしたところ・・・
ガーベラ、スイートピー、チューリップ等が入ったとってもおしゃれな花束ができ
ていました。そして、もちろんてんとう虫も中に隠れていました!

ぜひ、皆さんも、贈られる方の幸せを願って「てんとう虫」つきの花束を贈って
みてはいかがでしょうか!

★てんとう虫がついた花束の記事⇒2015年9月15日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■ウィズガーデン(2016年12月25日撮影)


■1000円のおしゃれな花束(2016年12月25日撮影)


■かわいいてんとう虫がさりげなく・・・(2016年12月25日撮影)


■店頭で作られていた花束。いずれも2000円とのことでした(2016年12月25日撮影)


  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)商店(花屋、酒屋等)

2017年01月02日

【今昔38】つくばエクスプレス沿い遊歩道から研究学園北口方面の変化の様子!

今昔シリーズ第38弾 「つくばエクスプレス沿い跨道橋か駅北側の変化の様子!」

今回の今昔シリーズは、つくばエクスプレスの線路沿いに遊歩道をつくば駅方面へ
250m程行った所、境松西平塚から、研究学園駅および研究学園のランドマークと
もいえるマンション「パークハウス」がある、駅北口方面の変化の様子です!
ちなみに、前回の今昔シリーズ第37弾の場所から東へ200m程行った場所になり
ます。

<昔>の写真は2005年12月10日に撮影したものです。
    この頃は本当に何もないですね!
    研究学園駅前交差点に面する場所に、ただ一軒あるのが
    日立ハウステックのショールームです。
    日立グループからヤマダ電機グループに変わると同時に、ハウステックと名前
    を変え、つい最近(平成28年11月19日)、リフォーム・外構工事専門店の
    スマイル本田に生まれ変わりました。

<今>の写真は2016年12月3日です。
    研究学園を南北に貫く「境松西平塚」沿いの街路樹の紅葉がキレイです。
    この針葉樹はカラマツでしょうか?
    真っ青な空にパークハウス、そして尖った黄色の紅葉。絵になりますね!
    ちなみに、この場所は春にはパークハウス沿いに植えられた桜がキレイです。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■<今>2016年12月3日撮影


■<昔>2005年12月10日撮影


■撮影場所
  
タグ :今昔

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)地域情報研究学園今昔(写真2枚)

2017年01月01日

長~いまつ毛が可愛い「ビートル」に一目惚れ!

12/27のブログで、12/24に研究学園のあちこちを自転車で巡り、
学園の森にクレーン林ができていることをお伝えしましたが・・・

その他にも、いろいろと発見がありました!
いつも車で、気づかず通り過ぎているところにも、ちょっとしたもの、面白いもの
があり、たまには自転車でゆっくり巡るのも良いもとだと思いました。。。

今回、ご紹介するのは・・・
車です。でも普通の車ではありません。。。

とっても、お茶目で、可愛い車を見つけちゃいました!
その車は、しゃぶしゃぶのお店「どん亭」近く、アクセスムーン隣の
「Volkswagenつくば認定中古車センター」にありました。

なんと、黄色いビートルに長いまつ毛がついていました!
もともと可愛らしい車ですが、ライト自体にも表情があるので、
まつ毛があると、一段と・・・
「ドキッ!」 とする程、目力があり、釘付けになりました!

このまつ毛がついた、目元パッチリの車を走らせてもらいたいものです。。。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■まずは見てください! この目力を!(2016年12月24日撮影)


■Volkswagenつくば認定中古車センター(2016年12月24日撮影)


■こんなかわいいビートルが欲しい!(2016年12月24日撮影)



■Volkswagenつくば認定中古車センターの場所

地図はこちら
  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)研究学園情報(話題等)地域情報

2016年12月31日

【正月帰省お土産編】<東京駅スイーツ>ヒルナンデス第1位をお土産に!

昨日(12/30)の投稿に続き、正月帰省のお土産編です。。。

私は、実家に帰省する際、いけのべの落花生や出羽屋の佃煮等茨城土産の他に、
鈴木屋でワインと日本酒、そして、一般受けするお土産は東京駅で買うことにして
います。

そして、東京駅で買うものと言えば・・・ いつもは東京ばななです。
それも、とらねこ模様バージョンの他ではあまり手に入らないもの、
『東京ばな奈がぉーキャラメル味、「見ぃつけたっ」』をここ何年も買っていました。

しかし、今回はネットで「東京駅、お土産、ランキング」で事前にリサーチし、買いに
行くことに・・・

やっぱり、テレビで紹介されたものが信頼性があると思い・・・
「ヒルナンデスで紹介!東京駅人気お土産ランキングベスト10」を参考にしました。

 1位 ザ・メープルマニア「メープルバタークッキー」
 2位 銀のぶどう「銀のぶどうのチョコレートサンド」

そして、「マツコの知らない世界」で紹介された、東京駅の人気お土産ランキングを
もとに

 8位 エール・エル「スティックワッフル10本入り」

を買うことにしました。

東京ばななは、新たな味・模様も出ているようなので、捨てがたいものでしたが、
今回はちょっと浮気することにしてみました。。。
これで、喜んでもらえると嬉しいです。。。

★正月帰省お土産編(土浦鈴木屋)⇒2016年12月30日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■ザ・メープルマニア「メープルバタークッキー」(2016年12月28日撮影)



■銀のぶどう「銀のぶどうのチョコレートサンド」(2016年12月28日撮影)


■エール・エル「スティックワッフル10本入り」(2016年12月28日撮影)



■左上:メープルバタークッキー1388円(税込み、右上:銀のぶどうのチョコレートサンド1620円(税込み)
 下:ステックワッフル10本入り1728円(税込み)

  
タグ :スイーツ

2016年12月30日

【正月帰省お土産編】<土浦鈴木屋>店員さんの知識が半端じゃない!

私は、毎年盆暮れに実家へ帰省するのですが・・・
12/29、私にとって定番土産を買うため土浦鈴木屋へ出かけて行きました。

いつもお店に入ると同時に、オーナーへ種類と予算を伝え、お任せするのですが・・・
今回、店の奥を探してもオーナーの姿がありません。
若い店員さんに、オーナーのこと、いつもの買い方を伝えると・・・
今日は、病院へ出かけているため、不在とのことでした。残念です。。。
とは言え、このお店の目利きはすごいので、その店員さんに、欲しい物を伝えると、
この店員さんも、若いのに知識が半端ではありませんでした。。。

お願いしたのは・・・
2500円程度と安価な赤ワイン、2500円程度の白ワイン、
そして、日本酒。合計4本で1万円以内に抑えるようお願いしました。
だいたいいつもこのパターンです。

すると若い店員さんも・・・  これと、これとこれ。。。  と素早く棚から取り出して
きました。
素晴らしいことに、オーナーのみならず何百種類もあるものを、すべてを熟知して
いるようです!

日本酒は茨城那珂市にある「菊盛」を冷蔵庫から出し持ってきました。
常陸野ネストビールで有名な木内酒造のものとのことでした。
冷蔵庫には、この他に有名な久保田や八海山などいろいろな種類が置いてある
にも拘わらず、どうしてこの日本酒を選んだのかと聞くと・・・

最近人気の「獺祭」を含め、このようなブランドの多くは大きなオートメーション化
された工場をで作られているものの、、この菊盛は麹造り・もろ味の管理等を杜氏
の手で作っているとのことで、手作りの良さ、フルーティーさを、是非味わってもら
いたいとのことでした。

ワインのみならず日本酒通の方、是非土浦鈴木屋を覗いてみてください!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■土浦鈴木屋(2016年12月29日撮影)


■直輸入された箱の奥に広いワインセラーがある(2016年12月29日撮影)


■ワインセラーの中(2016年12月29日撮影)


■菊盛(2016年12月29日撮影)


■菊盛の横には八海山が並ぶ(2016年12月29日撮影)


■左から、日本酒(茨城県):菊盛 1500円
      ワイン赤(フランス):VOPルージュ2013アランコルシア 980円
      ワイン赤(フランス):シャブリ2014マチュー・アントゥネス 2200円
      ワイン赤(フランス):CHベルトラン・プラネイル キュベラ・シャテニェール 2900円


■土浦鈴木屋の場所

地図はこちら
  

Posted by グリーンの会 at 00:10Comments(0)グルメ情報商店(花屋、酒屋等)

2016年12月29日

研究学園周辺のお店建設ラッシュ!その後の進捗状況は??(第29弾)

お店建設ラッシュシリーズ 第29弾! 

12/13のブログで、12/10時点の研究学園周辺のお店の建設状況を
「お店建設ラッシュ第28弾」としてお送りしましたが、それから2週間後の状況を
お送りします。
今後このシリーズでスポプラネクスト(スポーツプラザ山新)の建設状況をお送り
したいと思います。

☆1件目は、学園の森に建設中のPJB棟です。
 既にお送りしたとおり、駅前の大手学習塾「茨進」が移転し3月に開校する予定
 です。
 すでに壁面に「茨進」の看板が取り付けられ、後は開校を待つだけという感じです!
 ※このシリーズでこのお店を取り上げるのは今回で終了します。

☆2件目は、研究学園駅近く、ネッツトヨタ裏に建設中の店舗付共同住宅です。
 5階建ての店舗付マンションです。外側がシートで包まれていますが、
 隙間からタイル張りの外壁が見えました。かなり進んでいるように思われます。
 
☆3件目は、フルーツショップ青木の隣、坂東太郎研究学園総本店の前に建設中の
 イエローハットです。
 既に何回か単独でお送りしていますが、今回からこのシリーズでお伝えして行こう
 と思います。
 鉄骨2階建てのかなりインパクトある建物になりました。

☆4件目は、学園の森西交差点の南西角に建設中のスポプラネクストです。
 2017年6月オープンに向け、早くも鉄骨工事が始まりました。

<研究学園周辺のお店建設ラッシュ!の今までのブログ>

 ★学園の森西交差点の一角に建設中のスポプラネクストの記事⇒2016年12月24日のブログ
 ★研究学園周辺のお店建設ラッシュ!(第28弾)⇒2016年12月13日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■<1件目>学園の森2丁目のPJB棟(2016年12月25日撮影)


■<2件目>ネッツトヨタ裏の5階建て店舗付共同住宅(2016年12月25日撮影)



■<3件目>フルーツショップ青木隣のイエローハット(2016年12月25日撮影)


■<4件目>学園の森西交差点の南西角に建設中のスポプラネクスト(2016年12月25日撮影)

  

2016年12月28日

千本桜に囲まれたレーベン第3のマンション「ヴェルプレジオ」完成!

駅近5分を前面に出し販売してきた、レーベン第3のマンション
「レーベン研究学園Verpledgeo(ヴェルプレジオ)」が完成し、現地モデルルームが
オープンしたようです。

ちなみに、ヴェルプレジオは南口から5分程度、auショップやソフトバンクの並びにあり
ます。

12/23、たまたまヴェルプレジオの前を通ると、マンション入口には花束があり、
ビシッと黒いスーツを身にまとった女性とモデルルームを見学する人の姿がありました。

ヴェルプレジオのホームページを見ると・・・
それもそのはず、入居時期が2017年1月下旬となっていました。

そして、このマンションが千本桜に囲まれていることをイメージ図で紹介し、
 「10年後には華やかな景観が形成され、目黒川(東京都)や上野恩賜公園(東京都)、
  河津町(静岡県)のような桜の名所としてこの街が知られることでしょう。」
と書いてありました。

本当に、目黒川のような見事な桜並木になり、花見客がTXに乗ってわざわざ来るような
名所になれば素敵だなと思いました。。。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■ヴェルプレジオ(2016年12月23日撮影)



■モデルルームの見学者がいる(2016年12月23日撮影)


■ヴェルプレジオの場所

地図はこちら

  

2016年12月27日

学園の森にクレーン林出現!日光男体山とクレーンの2ショットも!

12/24、天気が良かったので・・・
筑波山の写真でも撮ろうと、研究学園のあちこちを自転車で巡ってみました。。。

学園の杜公園の北側は、いずれサイバーダインができますが、
まだ、広大な空き地が広がっていて、筑波山の見晴らしが抜群です!
そして、天気が良いと、雪をいただいた富士山のような日光男体山も眺めることが
できます。。。

この日、学園の杜公園の北の端の小高い丘に立つと・・・
ざっと数えただけでもクレーンのブーム(竿)が10本程立っていて、いわばクレーン
の林ができていました。。。
と言うのも・・・
学園の森では、建設ラッシュが続いており、BMWや葛城北部学園、
スーパーマーケット「タイヨー」、そして、スポプラネクスト(スポーツプラザ山新)等、
建物本体の鉄骨工事、鉄筋工事が盛んに行われています。

思い起こせば・・・
2008年2月頃にも、研究学園駅周辺でクレーンの林ができていました。
この頃はイーアスやパークハウスの建設が真っ盛りで、10数本のクレーン林でした。

後数年で、この景色もガラッと変わってしまいますね!
この素晴らしい景色をたくさん残しておかなければと思うこの頃です。。。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■空き地の先にクレーン林ができている(2016年12月24日撮影)



■筑波山とクレーン(2016年12月24日撮影)


■日光男体山とクレーン(2016年12月24日撮影)


■2008年2月のイーアスとパークハウスのクレーン林

  

2016年12月26日

学園の森に建設中の「つくばすずらん皮膚科クリニック」4/3開院!

12/7のブログで、「つくば学園の森歯科クリニック」の前に建築中の、皮膚科
「(仮称)すずらん皮膚科・美容皮膚科クリニック」の建設工事がほぼ終わり、
開院が近づいているとの情報をお伝えしましたが・・・

12/25、工事現場の前を通ると、フェンスに大きな横幕が張ってあるのに気
づきました。
車をとめて、見てみると・・・
2017年4月、皮膚科、新規開院と書いてあり、看護師、医療事務のスタッフを
募集していました!

「1~2月中にも、開院するのでは?」 と思っていたのですが・・・
我が家では、皮膚科にかかることが結構あり、心待ちにしていたので、
まだ4ヶ月余り先なので、少し残念です。。。

そして、その横幕に 「つくば すずらんの庭(検索)」と書いてあったので、
早速、ネット検索してみると・・・

4/1・2が内覧会、4/3開院予定と書いてありました。
また、12/18には院内の写真がアップされ・・・
「まだ工事中で机もイスもありませんが。。。」 と添えられていました。

★つくばすずらん皮膚科クリニックのホームページ

★12/5の建設状況⇒2016年12月7日のブログ
★10/8の建設状況⇒2016年10月10日のブログ
★9/3の建設状況⇒2016年9月5日のブログ

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■フェンスに横幕が張ってあるみる(2016年12月25日撮影)


■横幕には2017年4月開院と書いてある(2016年12月25日撮影)


■建物はすっかり出来上がっている(2016年12月25日撮影)


■つくばすずらん皮膚科クリニックの場所

地図はこちら
  

2016年12月25日

かりんとう饅頭「たつ吉」閉店後「食事処あばしり屋」オープン!

9/1のブログで、つくば市役所近くにあるかりんとう饅頭で有名な「たつ吉」を取り
上げましたが・・
それから1か月後の10/2に閉店してしまいました。。。  とっても残念です。。。

おいしいかりんとう饅頭でした。
でも、そのかりんとう饅頭は荒川沖の菓子処「さかぐち」で作ったもので、たつ吉で
は揚げていただけなので仕入れや運搬コストがかかる割に、利ザヤが少なく、
経営的に厳しかったのでしょうか・・・

たつ吉が閉店してから2ヶ月半が経ち、場所もいいし、何か動きがあるかも知れな
いと思い行ってみると・・・
食事処「あばしり屋」の看板が掲げられ、花束がお店の前に置かれていました!
どうやら新しいお店がオープンしたようです。

市役所職員目当てに、昼は食事とお弁当、夜は居酒屋になるのでしょう!
「あばしり」 いかにもお魚がおいしそうです。
そのネーミングにそそられますね。。。

ちなみに、つくば市桜に同じ名前(漢字)の居酒屋「網走屋」があり、姉妹店のようです。
ぐるなびを見ると・・・
「北海道・網走から直送されてくる魚介を肴に、網走ビールや流水ロマンなどの
 焼酎が楽しめる北海道居酒屋です。
 本ししゃも、真ホッケ開き、ホタテ、などオホーツク海が育んだ新鮮魚介、ザンギや
 網走ビールなど北海道のご当地グルメを堪能できます。」

気になる居酒屋さんができました。。。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■セブンイレブン前のたつ吉があったところに花束がある(2016年12月24日撮影)


■看板に「食事処あばしり屋」とある(2016年12月24日撮影)


■入口の横の看板「網走屋」こちらは漢字。


■あばしり屋の場所

地図はこちら

  

2016年12月24日

学園の森のスポーツクラブ「スポプラネクスト」来年6月オープン!

学園の森のシャトレーゼ、サンパタータ、珈琲研究所等の近くにある交差点は
学園の森西交差点と言いますが・・・
この交差点の一角、南西の角にスポーツクラブの建設が始まっています。。。
12/23、ついに鉄骨工事、建物本体の工事が始まりました!

このスポーツクラブは茨城県内に4店舗を展開する「スポーツプラザ山新」ですが、
ネットで調べるてみると、一番近くが石岡で、他に鉾田、常陸大宮、常陸太田にあ
ります。
ちなみに石岡店には、プール、ジム、スタジオ、お風呂があるようです。

しかし、研究学園に作っている店舗は、これらとコンセントが異なるようです。
なので・・・
ネーミングも異なり「スポーツプラザ山新」ではなく、「スポプラネクストつくば店」で、
2017年6月にオープンするようです。
スポプラネクストはつくば店の他、一足早く2017年3月に水戸千波店をオープン
させるようです。
コンセプトは・・・

「Your Best Program」
 ⇒ 会員さまに満足いただけるプログラムや講師を揃え、どのような目的に対応
   できる体制をとります。

「Everything is for you」
 ⇒ 会員様それぞれの目的に添った、それぞれの状況に応じた運動方法を一緒
   に考えます。

「The most up‐to‐date」
 ⇒ 社会のニーズや地域の状況を素早く捉え、最新のプログラムやマシンを積極
   的に取り入れます。

良く分かりませんが、会員一人一人にあったプログラムを考えるということでしょうか?

荒川沖にあるジョイフルアスレチッククラブのように、プールやテニスコート、
ラケットボール、レストラン等の施設ができれば良いと思うのですが・・・
それ程敷地が広く無いので、ジム、スタジオ、お風呂にとどまるのでしょうか・・・?

とは言え、研究学園に初めてできる本格的なスポーツクラブ。要注目です!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■学園の森西交差点の反対側から見てみる(2016年12月23日撮影)


■学園の森TOWN前から見てみる(2016年12月23日撮影)


■鉄骨が次々と取り付けられている(2016年12月23日撮影)


■スポプラネクストつくば店の場所

地図はこちら
  

2016年12月23日

おいしいブルーベリーを作るために!「マイスターの肥料作り」

ブルーベリーのお手入れ「肥料作り編」

12/21のブログで、12/17に高崎自然の森のブルーベリー園で剪定講習会
があり、ブルーベリーの剪定の仕方や、苗木の植え方を教わったことをお伝えし
ましたが・・・
講師を務めたのがブルーベリーマイスター第1号の「鈴木太美雄」さんでした。。。

その鈴木さんが、忙しい合間を縫って、剪定講習会前日(12/16)にブルーベリー
の肥料を作るというので見に行くことにしました!
※グリーンの会の活動ではなく、個人的に教えていただきました。

というのも、鈴木太美雄さんは、日本にとどまらずアジア等外国へも指導へ出か
けていくことが多く、多忙な毎日で、なかなか自分の畑まで手が回らないようです。
ちなみに、12月上旬には中国、中旬は京都府、そして・・・
下旬にも中国(前回とは別の農園)へ出かけるとのことでした。
その合間、12/17には、つくば市のブルーベリー剪定講習会の講師を務められ
ていました。。。

鈴木さんが肥料作りをすることになり・・・
チャンスとばかり、肥料作りを習いに、そして自身の畑へ撒くために2人の方が来
ていました。
いずれはブルーベリー園を開くと意気込むつくばに暮らすアメリカ人の方と、
水戸からわざわざ高速をとばして来た方でした。。。

肥料は、「油かす」、「脱脂ぬか」、「骨粉」、「マグネシウム」、「硝酸カリ」、「硫安」、
「硫酸カリ」、「硫安」、「硫黄粉末」等をブレンドします。
この日は、風で吹き荒れていて、肥料の粉が舞い、皆真っ白に・・・  
そして、硫黄が目に入り涙が出るほどしょぼしょぼに・・・
何とか6時間で60袋程を配合しました。
この肥料をブルーベリーの株元に300g撒けば、来年6月、マイスター仕込みの
おいしいブルーベリーが生るとのことです!

★つくば市ブルーベリー剪定講習会の様子⇒2016年12月21日のブログ
★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■山積みの肥料と配合比率(2016年12月16日撮影)


■紙を見ながら適量取っていく(2016年12月16日撮影)


■ミキサーに入れる(2016年12月16日撮影)



■ミキサーを回しかき混ぜる(2016年12月16日撮影)


■混ぜ終わった肥料を袋へ詰める(2016年12月16日撮影)


■ブルーベリー用の肥料が出来上がった(2016年12月16日撮影)

  

2016年12月22日

デトックスウォーターがいただけるイタリアン「MAIS」(つくば都市交通CのHPより)

12/1、つくば都市交通センターのホームページに『つくばぐるめ Vol.50』がアップ
されました!

今回、つくば都市交通センターの舌の肥えた『女視プロ』が紹介するのは・・・
つくば市竹園にある『MAIS(マイス)』です!

つくばぐるめを読むと・・・
 「オーダーをすませたら、まずは”デトックスウォーター”をセルフサービスでお試し
  ください。
  フルーツやハーブが入ったお水で、デトックスやリラックス効果が期待できるそ
  うです。」
と書いてありました!

ところで「デトックス」って何のこと???
色々なことに疎い私は何のことだかさっぱりわかりません!
ネットで調べてみると・・・
デトックス効果とは体に溜まった毒物を排出させ、美肌づくり、老化防止、肩こり・
むくみ解消、風邪予防・・・etc
身体にとても良いものだと分かりました!

「デトックス」これはまさしく、女心をくすぐる言葉なんですね!
さすが舌の肥えた女視プロが選んだお店だなあと思いました!

★つくば都市交通センターのホームページ
※『つくばぐるめ』掲載ついて、つくば都市交通センターの了解済です。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■<1ページ目>つくばぐるめVol.50


■<2ページ目>つくばぐるめVol.50


■MAIS(マイス)(2016年12月4日撮影)




■MAIS(マイス)の場所

地図はこちら
  

2016年12月21日

つくば市が主催する「ブルーベリー剪定講習会」に行ってきた!

12/17、つくば市が主催するブルーベリー剪定講習会が「高崎自然の森体験果樹園」で
開催されました。
高崎自然の森は、牛久駅から3km程の所、元茎崎町にあります。

高崎自然の森のブルーベリー園には、数百本のブルーベリーが植えられており、
つくば市ブルーベリー生産者連絡協議会の皆さんが、苗木の提供から世話まで行ってい
ます。剪定講習会も、講師はもちらんのこと、温かいトン汁まで振舞ってくれました!

ちなみに、つくば市ブルーベリー生産者連絡協議会とは・・・
つくば市内のブルーベリー振興のために、生産者が集まり、交流する場を設け、つくば市を
ブルーベリ ーのまちとしてアピールするための基盤を作るとともに、つく ば産ブルーベリー
の品質向上、加工品等に関すること、需要 拡大をもってブルーベリー経営の安定と産地の
活性化に資す ることを目的として、平成14年に設立されました。
ちなみに、設立に尽力されたのも、このブログでよく取り上げている、ブルーベリーマイスター
の「鈴木太美雄」さんでした。

この日も、鈴木さんが、冗談を交えながら、面白、おかしく剪定方法や苗木の植え方等を実演
してくれました。

取材に訪れていたACCSのカメラマンから、「ブルーベリーを剪定するうえでのポイントは?」
と聞かれると・・・
鈴木さんは、「混み入っている枝を間引いて、日当たりを良くすること」とおっしゃっていました。
あまり実を多く付けないようにすることで、一粒一粒に養分が行きわたり、大きくて、甘い果実
になるとのことです。

鈴木さんは、2年後の枝ぶり、実のつけ方を考えて剪定しているとのことで。恐れ入りました!

【ブルーベリーマイスターとは】

 ・公益財団法人日本特産農産物協会が、次に該当する人に「地域特産物マイスター」を
  認定しています。
  ア. 地域特産物の栽培・加工技術等に卓越し、その技術の伝承と開発に意欲的 であること
  イ.地域特産物の産地育成や地産地消活動を支援する指導的役割を担えるこ

  「地域特産物マイスター」のブルーベリー部門で、2007年に初めて鈴木さんが認定され
  ました。鈴木さんは日本ブルーベリー協会の理事も務める、第一人者で、
  「つくばブルーベリーゆうファーム」の代表でもあります。
  現在、ブルーベリー栽培の指導で、日本国内はもとより中国やベトナム等海外をも飛び
  回る、大変忙しい人です。
  現在、ブルーベリーマイスターは2012年に2名、2013年に1名が認定され、日本に 
  4名存在します。

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■ACCSのカメラマンからインタビューされるブルーベリーマイスターの鈴木さん(2016年12月17日撮影)


■混み入った小さな枝は剪定ばさみで取り除く(2016年12月17日撮影)


■多くなりすぎた太い枝はのこぎりで切り取る(2016年12月17日撮影)


■苗木の植え方も教えてくれた。根をピートモスで包んで植えるのが鉄則。(2016年12月17日撮影)


■つくば市ブルーベリー生産者連絡協議会の皆さんがトン汁を振舞ってくれた(2016年12月17日撮影)